センバワン温泉

Sembawang Hot Spring

センバワン・ホット・スプリング

 0/0人  |  人気指数 2,084

お気に入りに追加:0
  • センバワン温泉住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • センバワン温泉住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • センバワン温泉電話電話: 

    なし

  • センバワン温泉営業時間営業時間: 

    7:00-19:00

  • センバワン温泉定休日定休日: 

    なし

  • センバワン温泉日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • センバワン温泉カードカード:  未入力
  • センバワン温泉ホームページホームページ:  未入力

野ざらしで4ヶ所あるだけというお粗末なシンガポールの温泉

センバワン温泉

センバワン温泉」と言うシンガポールの温泉をご存じだろうか?シンガポールという国は状況の変化が激しい国だが、この温泉が発見されたのは1909年だそう。が、場所はセンバワンロードとガンバス・アベニューが交差するあたりの空軍基地内にあるので、フェンスで囲ってある。かなり熱いいらしく、70度くらいと相当熱い。また日本の温泉をイメージして行くと、レンガ造りで囲ったポンプ施設と水道管大ほどの蛇口が、野ざらしで4ヶ所あるだけというお粗末さに驚く。バケツやたらいや古い浴槽などが置いてあっても、水がないので熱い温泉をさまして加減するしかない。午後行くと、太陽がカンカンと照り付けて暑く、足湯の温度も熱くて、汗がタラタラ。雨が降ってても、ローカルの人もちゃんと利用している。雨にもかかわらず夕方になるにつれて、手桶を持った常連さん、自転車で乗り付けた人、ファミリーなどがぞろぞろと増してくるそう。しかし、以前より水道管がりっぱになったのと、誰かが掘っ立て小屋のようなのを造っていた事、古い浴槽がなくなっていたりと立派になっている。ここは、ひとりのローカルのおじさんが仕切っていて、お湯をどんどん出しっぱなしにしてたので、硫黄の匂いがすごい。常連のおじさんは、マメに温泉をドラム缶サイズのプラスティックの入れ物に溜めたり、ビニールシートをかけて屋根にしたり、自分もどっぷりと温泉に浸かっていたり、面白くて笑顔が何とも幸せそう。中には20リットルのポリタンク3個に温泉を入れて、持ち帰る人も。午前7時から午後7時まで一般に開放されているので、地元のシンガポーリアンの常連さんが来ているよう。雨だったので蚊が少なかったのですが、天気が良いとかなり刺されるので要注意。



役立つ情報


・更衣室やトイレなし

・駐車場なし

センバワン温泉の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(シンガポール・名所)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る