ラッフルズ卿彫像

Sir Stamford Raffles

サー スタムフォード ラッフルズ

 3.6/1人  |  人気指数 1,360

お気に入りに追加:0
  • ラッフルズ卿彫像住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ラッフルズ卿彫像住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • ラッフルズ卿彫像電話電話:  未入力
  • ラッフルズ卿彫像営業時間営業時間: 

    24hr

  • ラッフルズ卿彫像定休日定休日: 

    無休

  • ラッフルズ卿彫像日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • ラッフルズ卿彫像カードカード: 

  • ラッフルズ卿彫像ホームページホームページ:  未入力

この地に第一歩を記したラッフルズ上陸記念地に立つ

ラッフルズ卿彫像

ラッフルズ卿の上陸記念の地には「ラッフルズ卿彫像」が建つ。歴史上にシンガポールが現れたのは、彼がこの地に第一歩を記したから。シンガポールが英国植民地として、開発したスタンフォード ・ ラッフルズが1891年に当時シンガプラーだったこの地に上陸した。なので、この辺りが、近代シンガポール発祥の地だそう。

また、「ラッフルズ卿彫像」は一対だけでなく、白と黒の2通りある。白いラッフルズ卿は、シティーホール周辺のシンガポール川沿いに建ち、オフィスビルが後ろに見られる。向かい側には飲食店が多く並ぶボート・キーがあり夜景は相当綺麗なもの。近くで見るとかなり迫力あり、写真スポットでもある。この、白いラッフルズ卿の足元には銘文が刻まれている。一方、黒いラッフルズ卿は、国会議事堂前にあったのをシンガポール上陸100周年の時に、ビクトリア・コンサート・ホールとシアター前に移動された。こちらがオリジナルで、白いラッフルズ卿は複製らしい。

ラッフルズ卿彫像の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る