シンガポール国立博物館

National Museum of Singapore

ナショナル ミュージアム オブ シンガポール

 3.1/2人  |  人気指数 1,492

お気に入りに追加:0
  • シンガポール国立博物館住所(日本語)住所(日本語): 

    93 スタムフォード・ロード シンガポール178897

  • シンガポール国立博物館住所(現地語)住所(現地語): 

    93 Stamford Road Singapore 178897

  • シンガポール国立博物館電話電話: 

    65-6332-3659

  • シンガポール国立博物館営業時間営業時間:  未入力
  • シンガポール国立博物館定休日定休日: 

    無休

  • シンガポール国立博物館日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • シンガポール国立博物館カードカード:  未入力
  • シンガポール国立博物館ホームページホームページ:  www.nationalmuseum.sg(英語)

シンガポールの歴史と文化と芸術が展示された博物館

シンガポール国立博物館シンガポールの歴史をわかりやすく展示していて、改装を終え、2006年12月に再オープンした国立博物館。見た感じ大して広い博物館ではないように見え、実際は常設展が予想以上に充実していて、見ごたえのある館内。ビクトリア様式の建物の中は、昔ながらの建造物を活かしながらも、ガラスを多用し明るくモダンな造り。新旧がうまく融合されている。

国立博物館では、14世紀から現在までのシンガポールの歴史を物語形式で展示する「ヒストリーギャラリー」と、シンガポールのファッション、食、映画など をテーマにシンガポールのライフスタイルを紹介する「シンガポール・リビング・ギャラリー」とが常設展示。また、中国、東南アジア、南アジア、西アジア(中東)の文化財が、それぞれかなりの数、整然と展示。日本語専用のガイド等はなく、英語のオーディオガイドを渡され説明に沿って見て周るのみ。足元の番号が説明の番号であり、道順も兼ねてる模様。中には、シンガポールの歴史において最も暗黒の時代だった、日本軍に占領された'42-'45までの3年間の展示が一番考えさせられる。知識として知っていても、日本占領下の展示を見ながら事実を事実として知ることや、知っていたはずだった事実や違う立場から見 た事実が混じりあって勉強になる。また、英語だが、ボランティアガイドもあるので英語が出来る方はこちらもお勧め。また、この博物館は「開かれる博物館」がテーマになっているようで、様々な催し物があるそう。入場料はS$8(560円)で内容を考えれば十分納得できる額。

シンガポール国立博物館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.04.25 08:53
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る