コーズウェイ

Causeway

 3/1人  |  人気指数 1,685

お気に入りに追加:0

シンガポールからマレーシアへ渡るコーズウェイ(堤防道)

コーズウェイ

1941年12月8日午前1時30分(日本時間)に、山下奉文中将率いる第25軍第5歩兵師団は、タイのシンゴラ及びバタニ、そしてマレーシア北部のコタバルに上陸し、その後、マレー半島を南下してシンガポールを目指す。後に近衛歩兵師団も合流し、ペナン島の無血占領、そして島田戦車隊によるスリム殲滅戦等の幾多の戦いを経て、シンガポールの対岸のジョホールバルに到着したのが1942年1月31日のことだった。2月3日には、第18歩兵師団及び重砲兵部隊も順次合流し、第25軍の主力3個師団が揃うこととなった。しかるに英国連邦軍はどうかと言うと、英国本土兵、オーストラリア兵、インド兵、マレー義勇兵で編成されていたが、武器・訓練・士気とも日本を下回っていた。特に彼らの士気を下げたのは、英国本土艦隊からシンガポールへ回航された新鋭戦艦プリンス・オブ・ウェールズ、及び巡洋戦艦レパルスが、1941年12月10日に日本海軍の陸上攻撃機により撃沈されたことで、それは兵や民衆だけではなく、チャーチル首相にも大きなショックを与えたと言われている。

ここは、シンガポールからマレーシアへ渡るコーズウェイ(堤防道)。中央右手を走る3本の線が水のパイプ、そのすぐ左手に鉄道、その左側に道路がある。見える高層ビルは、全てマレーシアのジョホールバル市に建っているもの。マレーシアからシンガポールへ入国し、少し進んだ交差点を左折すると、アドミラルティー・ロード(AdmiraltyRoad)に入り、その道をしばらく行き、交差点を左へと2回曲がると、アドミラルティー・ロードウェスト(AdmiraltyRoadWest)に出る。そして、左手から中央へ走っているパイプがある部分がコーズウェイ。対岸は勿論マレーシア。中央のビルの後ろ側にそびえる塔が、ブキット・セレネ宮殿で、イスタナ・ブキット・セレネ(.IstanaBukitSerene)に建つ高さ約32mの塔で、山下将軍がここからシンガポールを観察したと言われている場所。

アドミラルティー・ロードウェスト(AdmiraltyRoadWest)は、海岸沿いに伸びているが、海岸側は工事中だとか。どうも海岸沿いに遊歩道を建設しているよう。更に先に進むと、公園の整備が進められている。将来は良い散歩道になりそう。

コーズウェイの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(シンガポール・名所)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る