ブキ・ティマ自然保護区

Bukit Timah Nature Reserve

 0/0人  |  人気指数 1,329

お気に入りに追加:0

シンガポールの自然を100パーセント感じることが出来る自然保護地区

ブキ・ティマ自然保護区

シンガポールの最高地点がある「ブキ・ティマ自然保護区(BukitTimahNatureReserve)」。「ブキ・ティマ自然保護区」は、シンガポールのほぼ中心よりやや西に位置していて、南部にある中心街からもバス1本で行ける自然保護区。もっとも、「最高地点」と言っても標高は164m。山というよりは小高い丘があるという方が正確。熱帯雨林の丘の中に遊歩道が張り巡らされていて、それ以外特に何があるというわけでもないが、朝から多くの人でにぎわっていた。東京だと、高尾山のようなイメージ(規模は全然違うが)。

ゆっくり歩いていったが、30分弱で山頂に到着。(山頂)山頂は広場のようになっているが、周りは木に囲まれていて、眺望はない。ルートを変えて、本道からそれた道を下る。坂を歩く人々を見て感じただが、シンガポール人は日本人ほど山道に慣れていないよう。特に下り坂。日本人が自然にこなしているような、膝に負担がかからない下りの歩き方が、明らかにぎごちない。膝がおかしくなるのを分かってか、後ろ向きに下っている人もかなり見かけましたが、それは違うような。最高峰が164mなので、坂に慣れていないのは致し方ないということだろう。下りの脇道では、猿を見かけた。シンガポールで猿を見かけたのはこれで2回目。都心から30分くらいしか離れていないのに野生の猿が普通に生活しているというのは、さすが森林国家・シンガポールだ。 

ブキ・ティマ自然保護区の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(シンガポール・公園)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る