マリーナ ベイ サンズ

Marina Bay Sands

マリーナベイサンズ

MARINA BAY SANDS

 4.3/4人  |  人気指数 2,839

お気に入りに追加:4
  • マリーナ ベイ サンズ住所(日本語)住所(日本語): 

    シンガポール018956 ベイフロントアベニュー10

  • マリーナ ベイ サンズ住所(現地語)住所(現地語): 

    10 Bayfront Avenue, Singapore 018956

  • マリーナ ベイ サンズ電話電話: 

    6566888888

  • マリーナ ベイ サンズFAXFAX: 

    6688-8869

  • マリーナ ベイ サンズチェックイン/アウトチェックイン/アウト: 

    15:00 / 11:00

  • マリーナ ベイ サンズ日本語/可・不可日本語: 

  • マリーナ ベイ サンズホームページホームページ:  http://jp.marinabaysands.com/

夜景を十分満喫出来る今話題の空中プールがあるホテル

 

CMで一躍話題となったシンガポールの新ランドマークホテル「マリーナ ベイ サンズ(Marina Bay Sands)」は、ラスベガス・サンズが運営するラグジュアリーカジノホテルです。

A380ジャンボジェット4.5機分に相当するという面積12,400平方メートルの広大な空間には、宿泊施設のほか、天空プール、展望台、レストラン・カフェ、カジノ、シアター、コンベンションセンターなどさまざまなエンターテイメント施設が入っています。

客室は全2560室。ホテル棟は3棟に分かれていて、モダンで落ち着いた客室が定評です。

マリーナ ベイ サンズ」で忘れてはいけないのが、宿泊者のみが利用できる57階屋上の世界一高い天空プール「インフィニティ・プール」!ここからの夕日や夜景は絶景だとか。宿泊者のみが利用できる至福のひととときを是非体感してみて下さいね!!

そのほか、広さ15,000平方メートルもの世界最大のカジノフロアには、600台以上のテーブルゲーム、2300台のスロットマシン・電子テーブルゲームが用意されており、ラスベガスのようなショーやサーカスも見所です!充実したシンガポール滞在が叶う「マリーナ ベイ サンズ」、おすすめです。

 

シンガポール随一のスケールを誇るマリーナ ベイ サンズ3つのホテルタワーの最上部をつないだ独創的な建物は、遠くからでも目をひきます!

ホテルロビーのレストラン「RISE」。豪華な雰囲気のなか各国の料理をビュッフェスタイルで楽しめます。

マリーナ ベイ サンズの宿泊者しか利用できない57階天空プール。シンガポールの景色が見渡せ、夕日や夜景も最高!ちなみに部屋から、水着の上にバスローブで来てOKとのこと。

 

 

マリーナ ベイ サンズの客室情報

編集履歴
客室数:2560

マリーナ ベイ サンズの客室備品

編集履歴
あり 不明 なし
テレビテレビエアコンエアコン電話電話冷蔵庫冷蔵庫
無料ミネラルウォーター無料ミネラルウォーターコーヒーメーカーコーヒーメーカーポットポットお茶セットお茶セット
ミニバーミニバースリッパスリッパドレッサードレッサークローゼットクローゼット
アイロンアイロンセーフティーボックスセーフティーボックス110Vコンセント110Vコンセント変圧器変圧器
加湿器加湿器浄水器浄水器ルームサービスルームサービスキチネット(簡易台所)キチネット(簡易台所)
パソコンパソコン無線LAN カード無線LAN カード無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(有料)無線・Wi-Fi(無料)無線・Wi-Fi(無料)
有線LAN(無料)有線LAN(無料)有線LAN(有料)有線LAN(有料)デスクデスク衛星テレビ/ケーブルテレビ衛星テレビ/ケーブルテレビ
ビデオゲームビデオゲーム電子レンジ電子レンジ扇風機扇風機エレベーターエレベーター
清掃サービス清掃サービス   

※ コーヒーメーカー : 一部あり

※ アイロン : 貸出

マリーナ ベイ サンズの浴室&トイレ

編集履歴
あり 不明 なし
タオル大タオル大タオル中タオル中タオル小タオル小バスローブバスローブ
シャンプー・リンスシャンプー・リンスボディーソープボディーソープ石鹸石鹸シャワーキャップシャワーキャップ
歯ブラシ&歯磨き粉歯ブラシ&歯磨き粉ヒゲソリヒゲソリ化粧水化粧水乳液乳液
くし・ブラシくし・ブラシドライヤードライヤーコットンコットン綿棒綿棒
浴槽浴槽ジャグジー付き浴槽ジャグジー付き浴槽シャワーシャワー共同バスルーム共同バスルーム
ウォシュレットウォシュレットコインランドリー(洗濯機)コインランドリー(洗濯機)  

マリーナ ベイ サンズのPLUS情報

編集履歴

付帯施設情報

■サンズスカイパーク(展望台)

時間:(月~木)10:00~22:00/(金・土・日)10:00~23:00

料金:大人 S$20/小人(2才~12才) S$14/シニア(65才以上) S$17

 

■ガーデンズ バイ ザ ベイ

マリーナ ベイ サンズに隣接する庭園「ガーデンズ バイ ザ ベイ」の中の「ベイサウスガーデン」

料金:無料(ドーム型施設入場は有料:外国人大人S$28、子供3~12歳S$15)

時間:05:00~翌02:00 温室・空中通路:9:00-21:00

 

マリーナ ベイ サンズ The Club (地上57階にある最高級ラウンジ)

American Breakfast: 6:30–11:00
Afternoon Tea: 14:00–16:30
Cocktails & Hors D’oeuvres: 17:00–19:00

Complimentary Non-alcoholic beverages: 6:30–19:00

 

■コンベンション・エキシビジョンセンター

■ザ・ショップス・アンド・マリーナベイ・サンズ

■カジノ

■ダイニング

■スケート

■ゴンドラ

■シアター&ミュージアム

■フードコート

他のフードコートに比べ料金は若干高め、でも一人7ドル(約490円)もあれば十分に食べられる。
カジノ客の為に24時間開いているブースも数点ありとっても便利(10:00-23:00の店が多い)

■MICE施設(会議、制作発表などに使用可能な会場)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その他のサービス

・バケージエクスプレス(チェックイン手続きと荷物の受付を行う当ホテルだけのサービス)

シンガポール航空(SIA)、シルクエアー、カンタス航空、エバー航空、エアチャイナ、中国東方航空および中国南方航空利用者

 

・リムジン(自由手配サービス)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*ユーザー体験談

新しくできたMRTのサークルラインに乗りPromenade駅へ。そこから、徒歩でホテルまで。その間に、ユースオリンピックで使われたスタジアムを通り、新しくできたHeliBridgeを渡るのあり。ちなみに、オリンピックパークは、シンガポールリバーをはさんで「マリーナ ベイ サンズ」の向かいにある。オリンピックパークから見た「マリーナ ベイ サンズ」も迫力ある。ホテルは、57階もあるとか。一番スタンダードのお部屋だと下の階になることも。でも、残念まのが、バスタブが無いこと。こちらのホテル、デザイン的には良いが、機能的にはNG。コーヒーセットは、グラスも揃っていてミニバーも充実。最上階にあるサンズ・スカイパークは、夕方は人がいっぱいで泳げた物じゃない。宿泊者だと、プールに入り、夜景を十分満喫出来るのも嬉しい。朝のプールは7時からで、7時過ぎに行って少し泳いでから朝食に行くと良いかも。朝食は、ホテルの1階ロビーにあるレストラン。9時前に行くと、外に行列が。だって、3棟もタワーがあるのに、数少ないレストランでは混むだろう。ちなみに、朝ごはんのメニューのバラエティーは豊富。ローカル料理はもちろん、ウエスタン、日本食も少しある。デニッシュパンやマフィンも充実果物も南国ならではのジャックフルーツも。

 

 

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.05.23 09:59
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る