ブルー・ジンジャー

The Blue Ginger Restaurant

ザウルージンジャーレストラン

 0/0人  |  人気指数 1,609

お気に入りに追加:0
  • ブルー・ジンジャー住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ブルー・ジンジャー住所(現地語)住所(現地語): 

    97 Tanjong Pagar Rd., Singapore 088518

  • ブルー・ジンジャー電話電話: 

    6222-3928

  • ブルー・ジンジャー営業時間営業時間: 

    (ランチ)12:00-14:30/(ディナー)18:30-22:30

  • ブルー・ジンジャー定休日定休日: 

    旧正月

  • ブルー・ジンジャー日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • ブルー・ジンジャーカードカード: 

  • ブルー・ジンジャーホームページホームページ:  未入力

中華とマレーが融合したニョニャ料理が食べられるチャイナタウンの外れにあるお店

ブルー・ジンジャー

ニョニャ料理は、中華とマレーが融合したお料理。こちらは『ブルージンジャー』というお店で、チャイナタウンの外れにあるお店。ニョニャ料理で人気のお店とのことで予約をして向かう。この時点で9時くらい。店内は赤と黒をベースにした中華とも、マレーともいえないなんともステキな雰囲気の内装。
つきだし。アチャというピクルスらしい。これがおいしくてモリモリ食べる。甘くてすっぱくて辛い。
いきなりメインから運ばれてきた。白身魚をすっぱ辛いソースで煮込んである。で、それをご飯にかけて混ぜ混ぜして食べる。かなりレモングラスがきいている。チキンライスの時にもでてきたブラックソースがかかってて、あまい感じ。赤いのは辛いので除けたけど、これはパイ・ティーとかいうもの。中には筍の千切りが入ってて、ちょっとザーサイっぽい味もしておいしかった。
こちらはニョニャ料理というか、シンガポールの定番料理らしい、オタオタというもの。確かにどこにでも売っている。魚のすり身が葉っぱにくるまれている。すり身っていうより、食感は魚肉ソーセージに近いかな。デザートはチェンドルというこれまた定番のデザート。本当はあずきがのるんだけど、この日はあずきが切れちゃったとのこと。なしでもいいからということでオーダー。緑の謎の物体がチェンドル。なんでも、パンダンリーフで色付けしたゼリーとのこと。シーココナッツと味的には同じで、ブラックシュガーの味。黒米のココナッツミルク汁粉。次の日屋台でも見かけたのでこれも定番のよう。黒米がねっとりお餅のよう。

ブルー・ジンジャーのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(チャイナタウン・フュージョン料理)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る