シンガポール・シーフード・リパブリック

シンガポールシーフードリパブリック

Singapore Seafood Republic

 0/0人  |  人気指数 2,006

お気に入りに追加:0
  • シンガポール・シーフード・リパブリック住所(日本語)住所(日本語): 

    26セントーサ島リゾートワールド セントーサ島

  • シンガポール・シーフード・リパブリック住所(現地語)住所(現地語): 

    26 SENTOSA GATEWAY RESORTS WORLD SENTOSA

  • シンガポール・シーフード・リパブリック電話電話: 

    6256-6777

  • シンガポール・シーフード・リパブリック営業時間営業時間:  未入力
  • シンガポール・シーフード・リパブリック定休日定休日:  未入力
  • シンガポール・シーフード・リパブリック日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • シンガポール・シーフード・リパブリックカードカード: 

  • シンガポール・シーフード・リパブリックホームページホームページ:  未入力

日本の品川と銀座にオープンしその店が逆輸入という形でシンガポールに戻ってきた!

シンガポール・シーフード`・リパブリック

シンガポールで話題騒然!?っていうには、少し遅いかもしれないが、でも、まだまだ、リゾートワールドセントーサは、話題騒然のアトラクションが満載。その中のレストラン
シンガポール・シーフード・リパブリック」とは・・・
2007年春のこと。シンガポールシーフードの名店のオーナーたちが、スペシャルチームを組んで日本へやってきました。目的は、東京でのレストラン展開を検討するため。彼らがパートナーとして選んだのは、シンガポールブランドの「ヤクン・カヤ・トースト」、「インペリアルトレジャー」、そしてタイバンコクの名店「コカレストラン」などを日本で展開しているレストランワンダーランドグループ代表、小島由夫だった。それから1年。パートナーたちとのコミュニケーションを深めるため、小島は何度もシンガポールへ足を運ぶとともに、活きたマッドクラブの調達ルートを確保すべく、アジア各地の産地を奔走した。こうして2008年4月、レストランワンダーランドとシンガポールの名店が1つとなって、「シンガポール・シーフード・リパブリック」が誕生。(「シンガポール・シーフード・リパブリック」ホームページより)
で、日本の品川と銀座にオープンしたのだが、その店が逆輸入という形でシンガポールに戻ってきたとか。セントーサの入り口付近、右手に、どかんと鎮座している。まだ、出来立てのレストランなので、とっても綺麗。このお店、シンガポールの海鮮レストランを代表する、ジャンボシーフードが仕掛けるお店だけあって、その料理はどれも、満足できる。あわびや、キングプラウンと言うエビの王様や、ガルーパ等。チリクラブで使う蟹を、チリじゃなく、卵で和えた料理は、チリクラブに負けず美味しい。ここの一番の売りは、味もさることながら、その立地だろうか。ユニバーサルスタジオの入り口まで、徒歩1分。 フェスティブウォークまで、徒歩1分。セントーサ島の入り口・右手にある。ぜひぜひ、気軽に行ってみてくださいね。

シンガポール・シーフード・リパブリックのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(セントーサ島・海鮮料理)の記事に2名の編集者が参加しました!

シンガポール・シーフード・リパブリックのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る