茗香菜館

Beng Hiang

ベンヒャン

 0/0人  |  人気指数 1,389

お気に入りに追加:0
  • 茗香菜館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • 茗香菜館住所(現地語)住所(現地語): 

    112-116 Amoy Street Singapore 069932

  • 茗香菜館電話電話: 

    6221-6695

  • 茗香菜館営業時間営業時間: 

    11:30-14:00/18:00-21:30

  • 茗香菜館定休日定休日: 

    なし

  • 茗香菜館日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • 茗香菜館カードカード:  未入力
  • 茗香菜館ホームページホームページ:  www.benghiang.com

伝統的な中華レストランで中は外見からは想像できないくらいに大きい福建料理の店

茗香菜館

Chinatownの南のはずれ、AmoyStreetにある茗香菜館(ベンヒャン(BengHiang))という福建料理の店。きちんとした伝統的な中華レストランで、中はこの外見からは想像できないくらいに大きい。週末の昼に1度、夜に2度行ったが、いつも混んでいて、特に夜は予約なしでは入れないときもあるよう。外国人(特に欧米人)を見かけることはほとんどなく、客は地元の人ばかり。週末だからか、家族で食べに来ている人が多い。(一見、営業していないんじゃないかと戸惑わせる入口)
福建料理といってぴんと来る方は少ないと思うが、全体的にはしょうゆ味をベースにした料理が多く、辛い料理は稀。味は少し濃厚ですが、日本人の口にも十分合う味。野菜、肉、魚介、豆腐、ご飯物、いずれも満足度が高い料理ばかりで、今のところ外れには当たったことがない。唯一の難点は、デザート。種類がほとんどない上に予約制のものが多いので、デザートは別のところで食べた方がいい。この店でも、サービスでお汁粉のようなデザートがついてきますが、これはあまりおいしくない。
鉄板豆腐とチャーハン。一番小さなサイズ(S)でもかなりの量がある。一品だけというのも頼みづらいので2つ頼んだが、食べ切れずに終わった。一皿が大きい分、少人数で行くと種類を食べられないため、4人以上で行くのがお勧め。特に、この店で有名な(とガイドブックに書いてある)豚の角煮を饅頭のような蒸しパンで挟んで食べる料理(コンパーパオ)は、Sでも饅頭が山盛りになって出てくるので、2人で頼むとそれだけで満腹。値段はいたって良心的。料理はもちろん、店の雰囲気もいかにも中国風なので、観光客の方にもお勧め。ただし、当然サービスも中国風。混んでいるときは予約していても自分から猛アピールしないと案内してもらえない。料理が遅くて文句を言うと「え、まだ来てないの?分かった、見てきてやるよ。」くらいの対応だ。

茗香菜館のオススメメニュー

編集履歴

・コンパーパオ

・鉄板豆腐

・チャーハン

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る