紫壷軒

Zihuxuan

ズーフーシュェン

紫壶轩

 3.6/1人  |  人気指数 1,195

お気に入りに追加:0
  • 紫壷軒住所(日本語)住所(日本語): 

    上海市黄浦区方浜中路447号

  • 紫壷軒住所(現地語)住所(現地語): 

    上海市黄浦区方浜中路447号

  • 紫壷軒電話電話: 

    021-628-9225

  • 紫壷軒営業時間営業時間: 

    09:00-19:00

  • 紫壷軒定休日定休日: 

    無休

  • 紫壷軒日本語/可・不可日本語: 

  • 紫壷軒カードカード: 

  • 紫壷軒ホームページホームページ:  未入力

中国の名器の産地江蘇省宜興市で作られている紫砂茶器を扱う店

方濱中路の河南南路寄りにある「紫壷軒」。お店は割と狭いが、壁にびっしりと茶器が並んでいる。そこでパッと目に入ったのが紫砂壷。

茶壷の底に値札が付いていた。これは良心的。お値段は2,300元(34,500円くらい)。ちょっと高い。本当にいいものならいいんですが、素人なのであまりよくわからないので高すぎるのは敬遠しておいた。別のものを見せてもらうとこちらは、600元(9,000円くらい)。これなら、まあ買ってもいい。側面に絵と字が書かれているもの。本当は、無地のシンプルなものの方が好みだが、これはこれで中国っぽいしいいかと。迷っていると、店の人が茶器に水を入れて実際に注ぐ様子を見せてくれた。これもなかなか良心的。

紫壷軒」を買う際、素人でもわかるチェックポイントとして私が知っていたことは、以下の点。1.取っ手の上端と、(蓋を取った)本体の上端と、湯の注ぎ口の上端が同じ高さにあること(いわゆる水平壷というもの)、2.本体に水を入れ、本体を傾けて注ぎ口より水を出したときに、水の流れがスムースであること、3.本体を水平に戻した時に、注ぎ口からの液ダレが無いこと、4.本体を傾けて、注ぎ口から水を出している途中で蓋の上部にある穴を抑えると水が止まること(蓋と本体との密閉性ということだろうか)。 
試させてくれるのは良心的だと思う。こちらのお店がある辺りは観光客が多くて、いろいろな人が比較的頻繁に店に出入りするからか、割と入りやすい雰囲気だった。お店の人は、少し日本語がわかる。値段は日本語で言ってくれた。

紫壷軒のオススメ商品

ここの商品を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(豫園・中国茶・茶器)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る