上海人家鴻翔店

上海人家鴻翔店

 0/0人  |  人気指数 980

お気に入りに追加:0

上海料理はもちろん、広東料理、四川料理も楽しめるレストラン

上海人家鴻翔店上海人家鴻翔店」というお店。ビルの6階にあり、オフィスビルに入ったのかと思いきや、華やかなレストランがエレベータのドアの外に待っていた。お料理のオーダーは、上海人&台湾人のみなさまにお任せし、今回も出てきたお料理を楽しむことにした。
最初に出てきたのは、こちらの「鶏」料理。お料理の名前を全く覚えていないのだが、メニューを遡ってみると「上海一番鶏」あたりだろうか。上海では普通に食べるメニューであるとは聞いた。ソースは「鮑」と言っていたような。外国語の中でも、やはり食材の名前は特に難しい。

この後、お肉/お魚/卵も食べれないインド人の方がいたため、野菜中心のメニューが続いた。意外と品数があるのだなと、思わぬ発見をした。なぜならば、日本では魚の出汁や鰹節を使うので、大半のお料理がアウトなのだ。

 「上海人家」は、上海料理中心のメニューではあるが、同時に「広東料理」「四川料理」も楽しめる。次の一品は、唐辛子の量をみて、「四川料理」と反射的に聞き、いや「広東料理」と言われたような気もするのだが「お魚の唐辛子煮込み」だ。この「お魚」が「ナマズ」であることを認識したのは、この記事を書いている、まさに今だった。さて、こちらのお料理、もちろん唐辛子を避けるようにしてお魚だけ食べるのだが、ほのかにピリッとしており、美味しかった。意外と骨が多く、食べるところが少ないなという印象を受けたのだが、これは食べた部位によるのだろうか。

さて、思わぬ落とし穴がありましたので、注意事項としてあげておきたい。こちらを食べる際、唐辛子はもちろん意識的に避けて食べますが、丸い小さな胡椒にもご注意!こちらを噛んでしまうと、5分ぐらい舌の感覚がなくなってしまう。

 

 

上海人家鴻翔店のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(南京西路・上海料理)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る