韓国歴史を巡る&徳寿宮守門將交代儀式ツアー

Meet the Old Korea Tour (Full day)

한국의 전통과의 만남

 0/0人  |  人気指数 1,347

お気に入りに追加:0
  • 中和殿前 : 魔除けをするヘテと皇帝の象徴である龍の装飾
  • 第3展示 韓国人の一生
  • 中和殿前 : 魔除けをするヘテと皇帝の象徴である龍の装飾
  • 1日かけてソウルの歴史・美術・文化などをたっぷり堪能していただくツアー
  • 葬輿
  • 写真を拡大
韓国歴史を巡る&徳寿宮守門將交代儀式ツアー2名以上 90,000ウォン(8,660円)
  • 古宮の守門軍儀式をこの目で!
  • 悲しい歴史を持つ徳寿宮の過去を学ぼう!
  • 美しい宮中遺物が見学できる博物館も。

1日かけてソウルの歴史・美術・文化などをたっぷり堪能していただくツアー

ツアー紹介

中和殿前 : 魔除けをするヘテと皇帝の象徴である龍の装飾

1日かけてソウルの古宮や博物館を中心に周りながら、韓国の歴史・美術・文化などをたっぷり堪能していただくツアーです。
まず最初に向かうのは南山谷韓屋村です。ソウルで最も景色がいい位置にあるこの南山韓屋マウル村はソウルの八大家と呼ばれた名家の士大夫の家から一般の平民の家まで伝統的な家屋が移設されており、それぞれの生活様式を見ることができます。また、ノルティギやアーチェリー、ユンノリ(すごろく)など、伝統的な遊びを体験するコーナー、韓服を着るコーナーなどもあります。

次に向かう国立中央博物館は、ソウル最大の博物館で、考古館、歴史館、美術館、アジア館の大きく4つの展示館に分かれています。韓国の伝統陶磁器や古書が綺麗に保存されており、古代に興味のある方には特にお勧めの博物館です。博物館見学の後、高麗人参センターでお土産を買う時間があります。昼食を終えて市庁の真向かいにある徳寿宮に向かいます。徳寿宮は朝鮮時代から近代への移り変わりを表すように西洋の文化と調和しています。宮殿に秘められたエピソードから韓国と日本の歴史についても学べます。德壽宮の前で行われる守門將交代儀式とは王宮には守門軍という軍隊の置かれ、宮殿の門の開閉、準備、巡祭などの任務を隨行 していました。ソウル市は専門家の考証を経て、1996年から交代する儀式を再現し公開しています。 王宮守門將交代儀式はイキリス王室の近衛兵の交代儀式に匹敵する華やかで格調高い伝統的な宮中文化を再現した行事です。次に向かう国立宮中博物館(旧宮中遺物博物館)では、李朝時代の王族が身につけた宝飾物、宮殿内の壁画、王の執務で使われた印鑑、宗廟祭礼の楽器などが見られます。優美で華麗な朝鮮王朝の美術に触れることができます。

韓国歴史を巡る&徳寿宮守門將交代儀式ツアーのコース紹介や利用方法

編集履歴

ホテル→南山韓屋村(火は徳寿宮)→国立中央博物館(月は国立民俗博物館)→人参センタ→昼食→徳寿宮→
徳寿宮守門將交代儀式→宮中遺物博物館→紫水晶工場ー →ピックアップしたホテル

 

絵になる中庭

南山谷韓屋マウル

南山の北の裾に位置する南山谷韓屋マウルは、ソウル各地に残る貴族の家屋を集合させ、韓国の昔の町並みを再構した村です。村の中央広場には野外ステージが設けられ、週末にはそこで韓国の伝統舞踊や仮面踊りなどを楽しめます。広場の池には鯉が悠々と泳ぎ、時々跳ねる水音と池の造詣が貴族の優雅な暮らしぶりを演出します。韓国の伝統家屋「韓屋」の特徴であるオンドル(温床)や、夫婦の部屋、客間、台所やトイレなど昔の生活を拝見できます。他、伝統工芸館、韓国伝統の遊び「ユンノリ(すごろく)」や「ノルティギ(シーソー)」を体験するコーナーもあります。

 

国立中央博物館

国立中央博物館は2005年10月には以前の景福宮横から竜山へ移転、リニューアルオープンし、規模も拡大。9万2000坪の広大な敷地内に館が2館。東館・西館に分かれており、地下1階から地下6階まで延べ面積4万1469坪にもなる、世界でも有数の規模を誇る博物館です。展示物はなんと、15万点を越えます。考古学や歴史、美術など各分野で非常に価値の高い文化財 の展示が行われており、韓国文化を知る上で見逃すことのできない場所です。また、劇場「龍」では毎回さまざまな催しが行われています。
 

 

中和殿前  

徳寿宮

市庁のすぐそばに位置する古宮、徳寿宮は韓国中世史から近代史への歴史の変化を象徴するように韓国の伝統建築と西洋建築が混在し、調和した美しい宮殿です。もともとは朝鮮王朝9代目の国王成宗の兄の邸宅だったのが、文禄の役でソウルの全ての宮殿が消失した後、1593年から臨時に王の住居として利用され、その後近代では日帝強占領時代を経て大部分が消失し、1930年に公園として公開されるようになりました。歴史の悲しい傷跡、そして復興の軌跡を徳寿宮を散策しながら感じられます。

大漢門

大漢の意味は当時の都市「漢陽の勢力が栄える」という祈念が込められています。

皇帝の象徴、龍が刻まれた石碑

中和殿の前にある石版

他の朝鮮宮殿では鳳凰が刻まれているのに対し、徳寿宮だけ唯一鳳凰が刻まれています。大韓帝国出帆後に建てられたため、皇帝を象徴する「龍」が刻まれたのです。

石造殿

高宗皇帝が私邸として使用するために1910年に建てられた様式石造見物です。徳寿宮が荒廃化する過程で、日本絵画美術展として使用されたりもしました。

カフェ 石垣の道(トルタンキル)

大漢門をくぐって左に行くとあります。

コーヒーや韓国の伝統茶などをたしなめる静かなカフェです。

 

国立古宮博物館

景福宮のすぐ横に位置する博物館です。ここでは朝鮮王朝(1392~1910)王室の遺物や関連飼料が展示されています。その数およそ4万点。展示内容は、日々の執務に使われたもの、宮廷建築に使われた装飾、当時の医学や科学、そして王や王妃の衣服や装飾品、家具などが展示されており、当時の王族の生活を細かく学ぶことができます。王の玉座の後ろにある「日月五峰図」の絵や象徴されたもの、正殿の天井に使われた美しい双龍の天蓋、屋根の上に小さく乗った雑像など、普段は見過ごしがちな、興味深い展示物がたくさんあります。また、毎年5月に行われる韓国の最大の行事、歴代王を祀る「宗廟祭礼」の儀に使われた楽器など、韓国特有の文化を見ることができます。朝鮮王朝時代に興味がある方は是非足を運んでみてください。

 

紫水晶工場

韓国の名産といえば欠かせないのが「紫水晶(アメジスト)」。ここでもアメジスト工場を見学した後、実際にアクセサリーを販売しているので、お土産に購入できます。日本でもアメジストがありますが、韓国のと比べ硬質さが足りないのです。韓国のアメジストは世界的にも認められた、世界一の硬質と輝きを持った最高級品です。幸せを呼ぶ石とされ、身につけると解毒効果、リラックス効果があります。他にも、ブルートパーズ、アクアクリスタル、シトロンのアクセサリーが売ってます。



利用方法


 *時間 : 09:30~17:30

*最小催行人員 2人以上
*ガイド・交通費・入場料・昼食費(ブルゴキ)全て含まれております。
*月曜日は国立現代美術館・徳寿宮の代わりに景福宮・国立民俗博物館観光となります。
*交通事情により所要時間に若干のずれが生じる場合もあります。
*天災地、又は本ツアにて提供していない原因による事故などにしては一切責任を持ちません。
基本情報
開催日時 毎日/9:00~17:30
参加可能人数 2名以上
ピックアップ場所 できるだけソウル市内のホテルでお願いします。
facebook twitter Share on Google+

韓国歴史を巡る&徳寿宮守門將交代儀式ツアーのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.12.18 23:09
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

おすすめツアークーポン

ドラゴンヒルスパ

入場料割引

都心の自然体験空間!ドラゴンヒルスパ!

満足マッサージ

10~50%割引!無料送迎サービス!

鐘路の清渓川からすぐの場所に位置する韓国...

スパinガーデン5

入場料(サウナ/チムジルバン)3,000w割引

IRIS(アイリス)が撮影されたガーデンファイ...

SKケータイレンタルサービス(韓国)

50%レンタル料割引

SK携帯電話レンタルの簡単な手続きで安全な...

釜山アクアリウム

入場料30%割引

地下に水族館が広がる釜山アクアリウム!子...

最近見た記事
一覧見る