彩帆(サイパン)香取神社

サイパンカトリジンジャ

Saipan katori shrine

 0/0人  |  人気指数 1,388

お気に入りに追加:0

日本統治時代の神社で一度破壊されたが再建された貴重な神社

彩帆(サイパン)香取神社「彩帆香取神社」は、大正3年に造営されたものの第二次大戦で破壊された。その後、復興されたものが残っている。彩帆神社の社号標は、彩帆神までは戦前のもので、それを利用して修復されたもの。神のところの銃撃の跡が戦争の悲惨さを伝えている。ちなみに、中央の献燈も、戦前からのもの。元々は、ドイツ軍の望楼があった場所に、香取神宮の分霊を祀り香取神社としたそう。しかし、一時は台風で破壊され、再び造営し、その後、砂糖王が小さな神社を大規模神社に増築した。

彩帆(サイパン)香取神社の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ガラパン・名所)の記事に2名の編集者が参加しました!

彩帆(サイパン)香取神社のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る