トッレ・アルジェンティーナ広場

トッレ・アルジェンティーナヒロバ

Largo di Torre Argentina

 0/0人  |  人気指数 1,874

お気に入りに追加:0

4つの神殿跡が残る広場

トッレ・アルジェンティーナ広場テヴェレ川とカンピドーリオの丘、そしてピンチョの丘に囲まれた区域は、ローマ時代の錬兵場であり、その中心に位置したのが「トッレ・アルジェンティーナ広場」だった。1930年までに共和政時代に建てられたとされる4つの神殿が発掘された。「聖域」を形成しており、周囲には「アグリッパの浴場」、「ポンペイの劇場」、「ポンペイのクーリア」などの施設が作られていた。ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)はここ「トッレ・アルジェンティーナ広場」で暗殺されたそうだ。

内部へは入れないが、外からでも見学できる。現在は猫が棲みついているようで、たくさん見かける。

トッレ・アルジェンティーナ広場の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(パンテオン・公園・広場)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る