ローマ水道橋

ローマスイドウキョウ

Acquedotti di Roma

 0/0人  |  人気指数 1,687

お気に入りに追加:0

紀元前4世紀にまでさかのぼる歴史を持つ

ローマ水道橋紀元前4世紀に古代ローマ時代で作られた「ローマ水道橋」。皇帝たちによって、浴場やニンフェウム、生活用水の利用のために建設された。ローマ内の水道の長さをあわせると350kmにも及ぶ。地下のほうが動物の死骸による腐敗を防ぎ、敵の攻撃からも守られるというこで、多くが地下に作られていたようだ。長いもので90km、高さは30mのものもある。動力を一切使用せず、石造りで高いアーチを築き、傾斜をつけて水を供給させた。古代の土木建設でも最も偉大な業績の一つであり、現代でも多くの都市で実用されている。

「水道橋公園」と呼ばれる広い公園からの「ローマ水道橋」の眺望はオススメだ。

ローマ水道橋の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ローマ・名所)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

正官庄 明洞本店
最近見た記事
一覧見る