The joker's arms

ザ・ジョーカーズ・アームス

The joker's arms

 0/0人  |  人気指数 1,600

お気に入りに追加:0

日本食レストランが集中している地域のメイン通沿いのちょっと小じゃれたバー

The joker's arms

「The joker's arms」と言って、セブ市のお隣のマンダウエ市は、A.S.Fortuna(エー・エス・フォーチュナ)通のBakilid(バキリッド)という、地元在住の日本人には、半ば、日本食銀座とも言える、日本食レストランが集中している地域のメイン通沿いの、NASA(ディスコ)の対面、POKERという看板の目立つカードゲーム場の隣に併設されている、ちょっと小じゃれたバー。ここのサンミゲルのドラフト(生)ジョッキは、サイズは、日本の‘生中’とほぼ同じで、500ml程度だが、値段は65ペソ(約130円)と破格。ただ単に安いというだけではなく、このお店、結構、高級っぱくって、ちょっと敷居が高そうなのだが、その実、全体的に価格は控えめ。ちなみに、オーナーはイギリス人だそう。生ビール以外にも、JWスィングなんて、ちょっと高級なスコッチもショットで120ペソ(240円程度)で、酒税の安いフィリピンではの低価格の御酒を、いい雰囲気の中で楽しめるのが良い。また、ここ食事のメニューも充実していて、フライドポテトは、ビールには丁度良いおつまみで、これお店で生のジャカイモをカットして揚げてあるので、一味違う。価格は、約110ペソ−220円程度。ここの営業時間は、午前11時から、午前4時までふぁが、但し、お客さんが居ない場合には、3時に閉店する事もあるそう。で、夕方6時までは、フィリピン製のビールに限り、半額になるそう。が、通常は騒がしいフィリピンの酒場の中で、ここは、平日深夜から早朝にかけての他のお客の少ない時間帯には、比較的、静かにバーテンダーのお兄さん、お姉さんと御話しながら飲めるので、遅い時間帯の方がお勧め。

The joker's armsのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(セブ島・居酒屋/BAR)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る