Sinangag Station

シナンガステーション

Sinangag Station

 0/0人  |  人気指数 1,767

お気に入りに追加:0
  • Sinangag Station住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • Sinangag Station住所(現地語)住所(現地語): 

    F.Cabahug Street,Mabolo,Cebu City

  • Sinangag Station電話電話: 

    (032) 511-0302

  • Sinangag Station営業時間営業時間:  未入力
  • Sinangag Station定休日定休日:  未入力
  • Sinangag Station日本語/可・不可日本語:  未入力
  • Sinangag Stationカードカード:  未入力
  • Sinangag Stationホームページホームページ:  公式サイト

店内はオープンエアーのフィリピンのファスフード・レストラン 

Sinangag Station

アメリカのファストフードと言えば、マクドナルド、日本だったら、吉野家、韓国はキムパプ天国。世界各国には、その国特有のファストフード店が数多くある。ここ、フィリピン・セブにもそんなお店がある。それは、「SinangagStation」。

セブ各所に支店を持つフィリピン料理ファストフード店で、店内はオープンエアー。ほとんどの店は道路に面している。気軽に入って、気軽に食べれる感じ。まあ、昼間はちょっと暑いが。メニューは基本的にセットで、ご飯(ガーリックライス)、メインのおかず、そして目玉焼きが付いてくる。このメインのおかずによって、値段が変わってくるような感。価格帯は、50~70ペソ(100円~140円)と、マクドナルドやJolibeeで食べるよりもちょっと安い。ちなみにマクドナルドはチーズバーガーセットが、約80ペソ程度。そして、注文をしたら、10分もしないで出てくる。店によっては、スープも無料で付いてくる所もある。 どこでもファストフードはそうだが、ここもやはり、素早く、気軽に、安く食べられる、これに尽きる。 そんなこのお店のお勧めはこちら、バンゴス(MilkFish)。日本人には少し塩辛いものの、程よく焼けたMilkFishがホクホクして美味しい。醤油にカラマンシー(ライム)を絞って、唐辛子を少し入れたソースを付けて食べる。他のメニューは、肉系のものが多く、出てきてみたらベーコン3切れだけとか、そんなのもあって、注文してがっかり、なんて事もたまにある。まさに家庭科の時間に習った、バランスの取れた食事とは1万里くらいかけ離れた野菜皆無のフィリピンらしいご飯。でもでも、なんだか癖になってしまうのが「SinangagStation」の魔法。場所は、USP-ESL学校からも徒歩5分の位置にもあり、しかも24時間オープンなので、夜遅くに小腹が空いた時にも利用できる。

Sinangag Stationのオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(セブ島・フィリピン料理)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る