ヴァンセンヌの森

Bois de Vincennes

 0/0人  |  人気指数 1,860

お気に入りに追加:0

もと王家の狩猟場

ヴァンセンヌの森は、パリ中心部から約4キロほどの距離にある森林公園。もともと王家の狩猟場だったものが、フランス革命後の軍の演習場にある、その後1869年にナポレオン3世によって市民の公園として生まれ変わった。ヴァンセンヌの森の北には、なんとお城がある。ChâteaudeVincennes(ヴァンセンヌ城)。このお城、狩猟するために作られたいわゆる別荘。1370年に完成したお城。12年間、修復のために公開されていなかったそうだが、今は修復も終わり、中に入れる。

BoisdeVincennes(ヴァンセンヌの森)は緑が濃くて空気がきれい。もののけ姫のような景色が広がる!お城からすぐのところにあるお花の公園ParcFloralをお散歩。きれいに手入れされた公園。ハスが浮かぶ池。大きなほうの池には、白鳥や、かももたくさん泳いでいる。また温室もいくつかある。

ヴァンセンヌの森の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(パリ・公園・広場・噴水)の記事に5名の編集者が参加しました!

ヴァンセンヌの森のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2014.04.18 10:00
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る