レオポール・セダール・サンゴール橋

Passerelle Léopold-Sédar-Senghor

 0/0人  |  人気指数 1,701

お気に入りに追加:0

鋼鉄製のアーチ型の歩道橋

レオポール・セダール・サンゴール橋は、パリのセーヌ川にかかる橋の中で、オルセー美術館とチュイルリー公園を結んでいる橋である。鋼鉄製のアーチ型の橋であり、現在車は通行ができない歩道橋。レオポール・セダール・サンゴール橋の設計をおこなったのはマルク・ミムラム。以前の橋であったドルフェリーノ橋の老朽化にともない、新しくかけられることになったレオポール・セダール・サンゴール橋は1997年から99年の間、工事が行われ完成した。

上面がブラジル産の軽く暖かい外観の木材を使用しており、長さは106メートル、高さは15メートルになる。橋の途中にはベンチが設けられ、歩行者が一休みできるようになっている。

レオポール・セダール・サンゴール橋の名称は、セネガル大統領にちなんでつけられた。

レオポール・セダール・サンゴール橋の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(レ・アール・名所)の記事に7名の編集者が参加しました!

レオポール・セダール・サンゴール橋のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る