熱帯農業庭園

 0/0人  |  人気指数 1,523

お気に入りに追加:0

森林浴にも最適

ヴァンセンヌの森にある遺跡のような公園、熱帯農業庭園。鳥居に中国風の祠、温室、古びた家などいったいどこにいるのかわからなくなる建築物が点在している不思議な公園。熱帯農業庭園は、1899年、コーヒーやバニラなどを育てるために作られたもの。1907年の植民地展覧会の際には、インドシナや各植民地のパビリオンが建てられて、園内の建造物はその名残が残っているものなのだ。直されたものもあれば、荒れ果ててそのままのものもある。2003年にはパリ市が購入して一般にも公開されるようになった。長い間、人の手がほとんど入っていないためか、うっそうと茂った緑が生き生きとしている。さまざまな植物や木が植えられているので、森林浴にも最適だ。

熱帯農業庭園の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(パリ・公園・広場・噴水)の記事に5名の編集者が参加しました!

熱帯農業庭園のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る