JTB島内観光ツアー

ジェーティービー・ツアーズ・オブ・ザ・アイランド

JTB Tours of the island

 4.6/1人  |  人気指数 1,616

お気に入りに追加:0

案内されるところは景色のいいところをちゃんとガイドさんがついて色々と案内

島内観光ツアー

JTBツアーのおまけ?についているコンチャスニーカーでの島内観光ツアー。この島内観光だが、島の北部を中心に4箇所ほど案内をしてくれる。案内されるところは景色のいいところを、ちゃんとガイドさんがついて色々と案内をしてくれる。所要時間は朝9時頃からお昼頃までの午前中の半日程度なので、時間に余裕がある人は参加されてみては?島内観光のバス (マイクロバスをイメージしてたら立派なバス海が綺麗に見える展望台などが主に案内されるので、雨とか曇りとかなど天気がいまいちの時は、島内観光の印象もイマイチになるかと思うので、天気をみて参加を検討してもいいかと思う。サイパンといえばマリンアクティビティがメインとなり、海に接する機会が多いと思うが、このツアーでは海を少し距離を置いたところから眺めるので、サイパンの海を違う角度で見ることができるのでお勧め。島内観光で案内される場所は次の4箇所。

バンザイクリフ ②ラスト・コマンド・ポスト ③バード・アイランド ④シュガー・キング・パーク ⑤DFSギャラリア(解散)

因みに、昼食はつかないのだが、昼食場所を紹介してくれる。紹介されるレストラン等では、JTB独自の昼食メニューが用意されてたりする。

JTB島内観光ツアーのコース紹介や利用方法

編集履歴

①「バンザイ・クリフ」
断崖絶壁だが、切り立った丘からの景色はすごく綺麗。しかし、このがけ、太平洋戦争の時にサイパンに進出していた日本人が、最後、連合軍に追われて「捕虜になるくらいなら・・・」ということで、この断崖から飛び降りて自決された場所とのこと。では、なんでバンザイなのか?崖から飛び降りる際に、「天皇陛下万歳!」といって飛び降りたらしく、後にアメリカ人によって「バンザイ・クリフ」と名づけられたらしい。と、この場所の過去について書くと大変に重い場所だが、フィリピン海が一望できるとても景色のいい場所。

②「ラスト・コマンド・ポスト

旧日本軍司令部跡地で、まさに戦跡。司令部は、高台にあるのだが、その前の敷地内に高射砲の残骸、戦車の残骸が展示?されている。戦車は軽戦車で運搬がしやすく、またサイパンの森林のなかでも取り回しがし易く小ぶりな戦車。相手となった連合軍のシャーマン戦車を破壊するのに、戦車の弾丸7発を要したのに対し、シャーマン戦車は1発の弾丸でこの軽戦車を破壊できたそう。九五式軽戦車というそう。3人乗り。また、この高射砲だが上空1000mの航空機を狙えるそうで、当時の爆撃機B-29は、上空1300mを飛んでいたため砲撃が届かなかったらしい。また、この頃は艦船からの攻撃が大分部だったため、高射砲を横に向け艦船攻撃に使ったらしいとのこと。そもそも上に向けて打つ大砲なので、横に向けて打つには色々と問題が多かったよう。山の中腹にある柵の着いたところの奥に、旧日本軍の司令部があったよう。最後は、95式軽戦車の残骸高射砲の残骸がある場所へ追い詰められたらしいとのこと。

③「バード・アイランド

こちら、サイパンの絶景という大変見晴らしのいいところで、まさに絶景。目の前の小島がバードアイランドいうらしい。この風景、有名らしくおみやげ物のチョコレートなどのパッケージにもよく使われているそう。やはり、綺麗な景色。海から吹く風がとても気持ちいい、絶景。

④「シュガー・キング・パーク」

こちらも、松江春次さんという日本人の銅像がある、日本人の跡地となるが、こちらは戦跡ではなく、日本人の偉業がたたえられている記念公園となるよう。サイパン(マリアナ諸島)にて、砂糖会社「南洋興発株式会社」を作った人らしく、今のスプーン印の三井製糖の前身の会社らしい。この銅像は、太平洋戦争の戦前からあったらしく、戦後、連合軍によって「日本のものはすべて破壊する。」とのことだったが、松江春次さんの偉業を称えて地元の人が反対し今も取り壊されずに残っているよう。松江春次さんの銅像島内で、砂糖などを運んだ鉄道(汽車)も見られる。

DFSギャラリアにて解散

facebook twitter Share on Google+

JTB島内観光ツアーのタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る