リバークルーズ

River Cruse

 0/0人  |  人気指数 1,394

お気に入りに追加:0

川をボートでクルーズしながら自然を満喫

リバークルーズクリスマスツリーの様に光る蛍を見られるという「リバークルーズ」。しかもボートクルーズをしながら、ボルネオ島にしかいないと言われるテングザルやシルバーリーフモンキーなども見られるという。注意書きには「虫除け・雨具・帽子・双眼鏡」を用意とある。まずはサバ南部までバスで移動。そして、クリアス村到着後ボートに乗って出発し、川岸に沿って進んでいく。そして、暗くなってから蛍探検に行くという内容。

ボートが進むのは細い水路。護岸工事されていない川は美しくて、気持ちがいい。定員10名ほどの小さなボートに分乗して、何艘ものボートが数珠繋ぎに進む。しばらく進むと、川の本流へ。そこには水牛が群れて、水浴びをしている光景が広がるが、ツアーの目玉ではないので、ボートは止まらず。時折、橋が現れて、川べりで暮らす人々の生活も垣間見える。マングローブや椰子の生い茂る川は非常に美しい。ボートが止まり、テングザルの観察タイム。あちこちに何匹もいる。ちなみにワニは出現せず。マングローブの鼓動もテングザルの鼓動も耳にすることはできず、首と眼球を酷使して、ボートはスタート地点に戻る。所要時間約1時間45分の遊覧。夕飯の後に、クリスマスツリーのようにマングローブを灯す蛍を見られるはずだったが、雨のため中止。クリスマスツリー蛍が見られないのは、このツアーの魅力半減だが、自然のことゆえ、仕方がない。

ツアーといえど、自然相手なので予定変更もあり得る。タイミング良く、蛍まで見れれば、自然を大満喫できるものである。天候の良い日に参加してみてはいかが?

リバークルーズの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(サバ州・自然)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る