プトラジャヤ

Putrajaya

 3.6/1人  |  人気指数 1,890

お気に入りに追加:0

マレーシアの政治や行政の中心地

プトラジャヤ「プトゥラジャヤ」は2010年を目処に政府機関全てが移される予定の街である。行政や政治の中心地として、マレーシア国内でも大きな役割を果たしている。特に休日は静かで整然としている。空気もきれいで、クアラルンプールとはまた違った雰囲気をかもし出している。通り毎には違うデザインの電灯があり、これがえらく高額らしい。「プトゥラジャヤ」の中には、行政機関を中心に首相官邸のプトラ・ビルやスポーツ施設、プトラ・モスクなど文化施設が点在している。ちなみにプトラ・ビルへ入館の際にはパスポートの提示が必要なので要注意。「プトゥラジャヤ」は基本、外国の建築物の模造らしい。街にはいくつも橋があり、オランダやヴェニス、サンフランシスコのゴールデンゲトブリッジ、シドニーの橋を模倣しているとのこと。前首相の提案で建てられたタイムカプセル安置灯台柵?には、1年毎にマレーシアの歴史が描かれている。2020年にはタイムカプセルが開けられるらしい。前首相は在位期間が一番長く、国民の支持も高かったようで、その首相のギャラリーが建設中とのこと。他にもスチール製モスク、ショッピングセンター、5つ星ホテルなどが建設中だ。また、自然保護地区にも指定されており、野鳥や哺乳類など多くの生物が生息していると言われている。クアラルンプール市内とはまた異なる街の雰囲気を味わってみてはいかが?

KLセントラルやKLIA(クアラルンプール国際空港)からクリアトランジェットでプトラジャヤ・サイバージャヤ駅で下車すると行けます。

プトラジャヤの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(マレーシア・街・通り)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.10.29 08:10
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る