キナバル公園

Kinabalu Park

 0/0人  |  人気指数 1,737

お気に入りに追加:0

世界遺産に登録されている自然公園

キナバル公園サバ州にあり、標高4095mのキナバル山を中心とする75400haもある州立公園。東南アジアの最高峰「キナバル山」の麓に広がるマレーシアの国立公園。世界遺産にも登録されている。キナバルとは、中国語でキナは中国、バルは未亡人の意味らしい。キナバル山には中国の王子とその未亡人の伝説が残っているが、キナバル アキ・ナバル(祖先の霊の山)からキナバル山になったという説が有力らしい。

天気がよい日には、キナバル山頂上からフィリピンが見えることもある。コタキナバルのホテルからは約2時間かかる。

山岳植物園多くの種類の大小さまざまなランの花があり、世界最小の蘭や、キナバル公園の植物園にしかない50万円もする貴重な蘭が立入禁止のフェンスの中にある。他には、高山植物、木々、シダの茂みなどがあり、世界最大の花ラフレシアの模型や、食虫植物のウツボカズラなどもあり、大人から子供まで楽しめる。



役立つ情報


公園内には宿泊できるロッジがいくつかある。

キナバル公園の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(東海岸・内陸・公園・競技場)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る