カンポンアイール(ブルネイ)

kampung ayer

カンポン アイール

 3.4/1人  |  人気指数 1,855

お気に入りに追加:0
  • カンポンアイール(ブルネイ)住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • カンポンアイール(ブルネイ)住所(現地語)住所(現地語):  未入力
  • カンポンアイール(ブルネイ)電話電話:  未入力
  • カンポンアイール(ブルネイ)営業時間営業時間: 

    24hr

  • カンポンアイール(ブルネイ)定休日定休日: 

    無休

  • カンポンアイール(ブルネイ)日本語/可・不可日本語: 

    不可

  • カンポンアイール(ブルネイ)カードカード: 

  • カンポンアイール(ブルネイ)ホームページホームページ:  未入力

ブルネイの巨大な水上集落

ブルネイの首都:バンダル・スリ・ブガワンを流れるブルネイ川に浮かぶ巨大な

水上集落です。川の上に住居があり、3万人もの人々が生活しています。

水上集落といっても、電気、ガス、水道からありとあらゆる設備が整っており、とても水上集落とは思えない場所です。

お店からガソリンスタンド、学校、病院まであり、ここから出なくても、生活できて

しまいます。

この水上集落は600年以上の歴史があり、なんと、3万人もの人が生活してきます。

生活している空間にはエアコン、オーディオ設備など、ぜいたく品もあり、貧しいわけではなく、ここで生活が普通となっているようです。

水上集落は、当然ですが、川に浮かんでいるので、行くにはボートが必要です。

エンジン付きのモーターボートは一家に1隻で、重要な交通手段となっています。

対岸に陸地との間をタクシーとして生計を立てている人もおり、船着場でカンポン・アイールに行きたいというと、大抵、1ブルネイドルで行けます。1時間ほどチャーターして、マングローブのジャングルの方に行き、テングザルなどをみる観光ツアーなどが人気のようです。

料金は1時間で15~20ブルネイドルぐらいです。

ブルネイの人は豊かなので、とても人がよく、カンボン・アイールに行き、飲み物を調達しようと店に行ったら、子供たちがいて、写真を撮らせてくれました。みんなムスリムで、特徴のある帽子を被って、学校から帰ってきた途中でした。

(当然ですが、女性はアバヤを被っており、写真は撮れません。)

子供たちは元気で、とても楽しそうでした。

ここは観光地ではなく、生活の町です。でも、このような出会いがあるカンポン・アイールはとても素敵な場所です。

現在、ブルネイ川を埋め立てて、移住を即していると聞きましたが、なくなってほしくに場所です。



他情報


・カンポン・アイールで買い物をすると、日常の生活品かかくなので、非常に安いです。

 菓子などのお土産品はもちろん、空港の半額以下で、名の通った大型スーパーより安いかもしれません。

カンポンアイール(ブルネイ)の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ボルネオ島・街・通り)の記事に5名の編集者が参加しました!

カンポンアイール(ブルネイ)のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.07.22 14:19
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る