ゲンティンハイランド

Genting Highland

 0/0人  |  人気指数 1,325

お気に入りに追加:0

カジノ、遊園地、ゴルフコースがある一大リゾート地

KL市内のHotelからは送迎付のパッケージも出ているらしいが、TitiwangsaからRM6.60でバスもある。30分に1本のようだが、結構混みあっている。しかも実はどうやら普通の路線バスらしく、途中でかなり昇降がある。急な上り坂の為、行きは1時間半たっぷりかかり、帰りは下りということもあり1時間程度である。標高約1700mの高原リゾートにである「ゲンティンハイランド」は中国人が手でジャングルを切り開いた。創設家ファミリーは今では億万長者だそう。カジノと遊園地、ゴルフコースがある一大リゾート地。

遊園地の室内外有効のチケットはRM51(休日はRM59)である。DainosaurTrailはちょっとした山をぐるりと回るだけかと思いきや、船に乗ったアトラクションだ。アトラクション後半、暗がりで恐竜が雄たけびを上げたのが非常に怖かったのか同乗した子供が泣いてしまった。体重70Kg以下、という制限がついた乗り物。無情にも体重計が置いてあり、女子だって免除なしでふるい落とされてしまう。ブレーキがなく、速度調整が不可能。予想以上のスピードで、レールから飛び出すんじゃないかと冷や冷やものだ。ジェットコースターは休運中の物も含めると室外5つ、室内1つあるが、はっきりいって基本しょぼい。ただ1つだけ見かけによらず上出来なものがあった。そう高く見えないのに、胃が浮く位の高低があり、なんとちゃんと1回転もする。そして、なかなかなのがFlying Coaster。立ち乗りになり、スーパーマン状態で乗車する。ただし、これは別料金となっており、パス所有者はRM10(他はRM12)。その他、ゴンドラやフリーフォール、空飛ぶブランコなどがある。そして、特にオススメなパイレーツ・トレイン。カートと扉の開閉は、足操作でする。どんな凄さかはぜひ、現地で体験してみて。

たっぷり遊び終わった後は、再びバスでクアラルンプール市内へ。パッケージでもバス利用でも良いので、行って遊ぶ価値は十分にあり。ぜひ、足を運んでみてはいかが?

ゲンティンハイランドのコース紹介や利用方法

ここのコース紹介や利用方法を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(パハン州・テーマパーク)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る