ソローリャ美術館

ソローリャビジュツカン

Museo Sorolla

 0/0人  |  人気指数 1,921

お気に入りに追加:0
  • ソローリャ美術館住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • ソローリャ美術館住所(現地語)住所(現地語): 

    Paseo General Martinez Campos 37

  • ソローリャ美術館電話電話: 

    913 101 584

  • ソローリャ美術館営業時間営業時間: 

    (火-土)9:30-15:00 / (日・祝)10:00-15:00

  • ソローリャ美術館定休日定休日:  未入力
  • ソローリャ美術館日本語/可・不可日本語:  未入力
  • ソローリャ美術館カードカード:  未入力
  • ソローリャ美術館ホームページホームページ:  museosorolla.mcu.es

画家が住居兼アトリエとして使っていたところ

ソローリャ美術館地下鉄5号線のRuben Dario駅の近くにある「ソローリャ美術館」。建物はもともとホアキン・ソローリャ(1863~1923)の住居兼アトリエだった場所で、彼の死後政府に寄贈され、1931年に美術館としてオープンした。初代館長は彼の息子であるJoaquin Sorollya y Garciaが務め、彼は死後、自分の財産でソローリャ基金を創設し、美術館のコレクションをさらに拡大させた。

ホアキン・ソローリャはスペイン外光派の画家である。彼の作風は非常にマネに似ているところがあり、色彩と光の描写に優れている。「光の画家」と呼ばれており、「光の画家」と言ったら、レンブランドのことを思い浮かべる人も多いかと思うが、レンブラントの影があってからの光とは違って、ソローリャの「光」は最初から最後まで明るい光であり、特に海辺の鮮やかな陽光を表現する作品が非常に多いのが特徴である。

ソローリャが生前に集めた様々なアイテムもそのまま展示されていて、とても素敵な空間がそこには広がっている。邸宅の内部はともかく、噴水や花々に凝っている前庭もまた、非常に印象的である。

ソローリャ美術館の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(サラマンカ地区・博物館・美術館)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る