独立広場

ドクリツヒロバ

Plaza de la Independencia

 0/0人  |  人気指数 1,754

お気に入りに追加:0

アルカラ門がそびえる広場

独立広場ネオクラシック様式のもので、カルロス3世の命令のもと1770年代頃に着工されたという「独立広場」。1808年から1813年にかけて起こったフランスのナポレオン支配に対する独立戦争の勝利を記念して名付けられてという。「独立広場」にはアルカラ門(Puertade Alcala)が聳え立っている。

かつて、ここは郊外との境界だったとのことだが、今はまさにマドリッドの中心部である。建築家のサバティーニ(Sabatini)はスペインの王宮の建設も手がけたロイヤル建築家の一人である。ローマで建築を習ったこともあり、イタリアルネサンス時代の建築様式に大きく影響を受けていたと言われている。

独立広場の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(サラマンカ地区・公園・広場)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る