リバティ百貨店

リバティ

Liberty

 0/0人  |  人気指数 2,190

お気に入りに追加:1
  • リバティ百貨店住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • リバティ百貨店住所(現地語)住所(現地語): 

    Great Marlborough St, London, UK W1B 5AH

  • リバティ百貨店電話電話: 

    020-7734-1234

  • リバティ百貨店営業時間営業時間: 

    (月-土)10:00-21:00(日・祝)12:00-18:00

  • リバティ百貨店定休日定休日: 

    12月25日-26日

  • リバティ百貨店日本語/可・不可日本語:  未入力
  • リバティ百貨店カードカード: 

  • リバティ百貨店ホームページホームページ:  www.liberty.co.uk (英語)

1920年代に2隻の船を解体して材木で建てられた老舗デパート

リバティ百貨店

チューダー朝の建築様式で堂々たる雰囲気でそびえ立つリバティ。リバティプリントってご存じだろうか?ローラ・アシュレイや、キャスキッド・ソンを含め、リバティ柄が大好きな方も多いのではないだろうか。この、リバティ柄の発祥地、イギリスはロンドンの「リバティ百貨店」。リバティは、1920年代に2隻の船を解体して、材木で建てられた老舗デパート。1874年、アーサー・ラセンビィ・リバティが家庭用品とファッションのスタイルに改革を起こそうと設立されたこのストアは、当初雇った2名の従業員のうち、1人が日本人の少年だったこともあってか、当初は日本や東洋の装飾品や布地を販売していたらしい。しかし、東洋の繊細な生地は丈夫ではなく調度品には向かないと、東洋風の丈夫なプリント生地を国内で編み出したのが、今のリバティ・プリントを編み出していく初期段階のきかっけとなったそう。

現在は、修復しているが、雰囲気が残る素敵な外観。エレベーターは、木製で、人が6人から8人程、乗ったら、いっぱいいっぱい。中は、吹き抜けになってて、全て木製って所が素晴らしく、何と手すりまでも木製、階段も木製と内装はレトロ感が漂う。しかし、ここで売られる商品は、やはり、とにかく高い。貧乏人には、とても手が出ないお値段。石鹸一個だって、何千円もするそう。

リバティ百貨店のオススメ商品

ここの商品を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ソーホー・免税店・デパート)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る