グレイズ・アンティーク・マーケット

グレイズ・アンティーク・マーケット&グレイズ・イン・ザ・ミューズ

Grays Antique Market & Grays in the Mews

 0/0人  |  人気指数 2,025

お気に入りに追加:0
  • グレイズ・アンティーク・マーケット住所(日本語)住所(日本語):  未入力
  • グレイズ・アンティーク・マーケット住所(現地語)住所(現地語): 

    58DaviesStreet&1-7DaviesMewsLondon,W1K5AB

  • グレイズ・アンティーク・マーケット電話電話: 

    020-7629-7034

  • グレイズ・アンティーク・マーケット営業時間営業時間: 

    10:00-18:00(※12月のみ土曜も営業)

  • グレイズ・アンティーク・マーケット定休日定休日: 

    土・日

  • グレイズ・アンティーク・マーケット日本語/可・不可日本語:  未入力
  • グレイズ・アンティーク・マーケットカードカード: 

  • グレイズ・アンティーク・マーケットホームページホームページ:  www.graysantiques.com

ボンド・ストリートにある美しいテラコッタの建物を利用した一風変ったインドアマーケット

グレイズ・アンティーク・マーケットロンドンならではのアンティークマーケット、ボンド・ストリートにある美しいテラコッタの建物を利用した一風変った「グレイズ・アンティーク・マーケット」をご紹介。ボンド・ストリート駅から徒歩2分で、こんな素敵な建物が出迎えてくれる。ここはなんといっても面白いのは、その歴史。BennieGray氏が1977年に設立。紀元前の古代のものから現代のものまでを扱う、200以上のアンティークディーラーが入っている。その昔、この建物の地下にはTyburn川が流れており、それを利用してトイレ用の排水溝を作ったそう。当時、これらの浄化装置は一般公開されたので非常に人気の観光スポットになったとか。建物の所有者もトイレ業者だったとか。その名残として、今も建物の中には川が流れているという。浄化装置のイラストが、マーケットのある場所に描かれていてキュート。しかもレイアウトも入り組んでいて迷路のよう。また、ここは二つの建物から成っているのだが、一つは古代ものや、本、大きな家具など。もう一つは洋服や宝石(時代は現代に近い)と、分かれていて、それぞれに個性があって見もの。なかでも、古本屋さんは広さといい展示数といい、圧巻。一店ごとも小さくて見やすいし、何よりインドアなので、寒い日も雪の日も風の日もゆっくり見れる。あまり知られていないが、面白い経験ができることを保証するので、ロンドンにお越しの際は、是非どうぞ。

グレイズ・アンティーク・マーケットのオススメ商品

ここの商品を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る