何でも揃うストリートマーケット

野外マーケット

 イギリス国内のみならず、ヨーロッパでは屋外マーケットがいたるところで開かれています。マーケットでは食べ物や衣料品、ちょっとした雑貨も買うことができます。大抵のマーケットはスーパーよりも安いことが目玉になっています。ボールに大量の野菜や果物が盛られていて一山、£1.00(£1.00≠¥120)などということもしばしばです。安いからといってついつい買いすぎてしまいます。大抵の地域では、ハイストリート(メインストリート)に屋外マーケットが立ちます。朝から夕方まで営業しているところがほとんどです。
 屋外マーケットの商品は安いのが定番ですが、ファーマーズマーケットとなると話が違ってきます。ファーマーズマーケットには産地直送の野菜や果物、肉をはじめ、チーズやパン、手作りのお菓子やお惣菜などを売るお店が集まります。近頃のオーガニックブームで、オーガニックの商品を扱っているお店が一般的になりました。スーパーに売っている商品よりも質の高い製品を扱っているので、お値段もその分、高くなります。ファーマーズマーケットは大抵、週末の早朝からはじまって午後1時前後に終了するところが多いです。
 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ロンドン・街・通り)の記事に8名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る