ディケンズ・ミュージアム

ザ・ディケンズ・ミュージアム・イン・ロンドン

The Charles Dickens Museum in London

 0/0人  |  人気指数 1,943

お気に入りに追加:0

ロンドンにある廊下には彼の直筆の手紙の数々ファンにはたまらない場所

ディケンズ・ミュージアム

「大いなる遺産」や「オリバーツイスト」などで有名なチャールズ・ディケンズ。 ロンドンには彼のミュージアムがあるのをご存じだろうか?木の真後ろにある黒い壁の家がそうなのだ、とってもごく普通の家。それもそのはず、彼の住んでいた家に作られている。(1837年~39年居住) ただ、表に表札があるだけで一見見過ごす。でも、一歩中に入ると、ディケンズ・ワールドが広がる。廊下には、彼の直筆の手紙の数々とファンにはたまらない。

まずは階段を降りて、地下へ。ガイドブックによると、地下はもっぱら、4人ほどいた、お手伝いさん達のスペースだったそう。台所や洗濯場、休憩所などがあったのだが、それらを美術館としてアレンジして見せている。 図書室は、台所があった場所で、今は彼の書庫となっていて、なんと、250フィートの棚。椅子もあり、こちら自由に腰掛けられるので、しばしディケンズの気分になって本を読む事も出来る。本好きにはたまらない時間。「クリスマス・キャロル」はご存じ、一度は学校で読まれたことがあるのでは? ほかにも、冒頭で紹介した作品はもちろん、「デヴィッド・カッパーフィールド」など、ずらっと並ぶ。鍵が掛かっていて、残念ながら手に取れなかったものも多数。それにしても「クリスマス・キャロル」だけで、フランス語やドイツ語などもあり、世界中で人気なのが分かる。同じフロアには、生活の場である、洗濯の部屋(左)や、ワインセラー(右)がある。ディケンズのいた19世紀は、水道はまだなく、テムズ川から生活用水をすべて引水していたとか。なので、あまり衛生的とはいえなかったよう。洗濯は、もっぱらお手伝いさんの仕事。家族4人分の服などを桶で、しかも、限られた水で洗うのはきっと骨が折れたことだろう。ワインセラーの横は、吹き抜けになっていて、外とつながっている。そして、ビデオ・ルームはもともと、食べ物の貯蔵や、休憩所として使われていたところ。今は、ビデオルームとして静かな良い空間に。 ビデオは30分ほどの彼の半生をまとめたもので、なかなか見ごたえあり。ちょっと長い感は否めないが、分かりやすく彼の人となりがわかるので、是非ご覧になってみては? 上の階には、こちら、ドローイング・ルーム。オリジナルではないが、典型的なヴィクトリア時代の中流家庭のを忠実に再現してある。窓から光がたくさん差し込んで、良い部屋に。

ディケンズ・ミュージアムの楽しみ方

編集履歴

・入館料

  • 大人 5.00ポンド
  • 学生 4.00ポンド

    facebook twitter Share on Google+
    この記事と同じテーマ(シティ・博物館・美術館)の記事に4名の編集者が参加しました!
    Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
    記事最終修正日時: 
    2013.03.07 07:58
    ※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

    最近見た記事
    一覧見る