四季の味すぎうら(蛸薬師店)

Shiki no aji Sugiura

シキノアジ スギウラ

 0/0人  |  人気指数 1,583

お気に入りに追加:0
  • 四季の味すぎうら(蛸薬師店)住所住所: 

    京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸東入ル パームビル 1F

  • 四季の味すぎうら(蛸薬師店)電話電話: 

    075-212-2110

  • 四季の味すぎうら(蛸薬師店)営業時間営業時間: 

    [月~金] 11:30~14:00(L.O) 17:00~23:00(L.O) [土] 17:00~23:00(L.O)

  • 四季の味すぎうら(蛸薬師店)定休日定休日: 

    不定休

  • 四季の味すぎうら(蛸薬師店)カードカード: 

  • 四季の味すぎうら(蛸薬師店)ホームページホームページ:  http://pws.prserv.net/sugiura/

宴会にもおススメの、カジュアル割烹です

四条烏丸界隈で、どっかええとこないかなぁ~と見つけたのが、烏丸蛸薬師を東へ入った「すぎうら蛸薬師店」。高辻の本店にはだいぶ前に行ったことあるけど、ちゃんとした会席がリーズナブルで量もたっぷり、満足のゆく店やった。そやし支店もええのでは?と思うた次第だ。本店は路地の隠れ家的なお店やったが、こちらはビルの1階にある。やや奥まった位置ながら、どでかい看板が目立つ。

頼んだのは大皿コースで、飲み放題付き4200円。飲み放題は2時間半やし、ベロベロになれるぞっ。まずは枝豆のお通し。これは普通である。次いでお造り盛り合わせ。居酒屋のお造りて、たいしたことないのが多いけど、甘エビは味噌が生臭ないし、ハマチ(めちゃ脂のってたしブリやったかも)もプリプリで鮮度がええ。食いかけの写真ですまんが。大根サラダはドレッシングが3種類出てきて、好きなんをかけられる。それから生春巻きとだし巻きが一人一切れずつ。だし巻きもジュワッとしてた。焼き物はシマホッケ。これはもう一つやったけど、そもそもホッケはあんまり好きちゃうんで。他のメンバーも食いつき悪かった。奥に見えてるのは、名物やという茄子餃子。油っこいし、一切れで充分。そう思うてたら、フライドポテトと鶏から揚げの盛り合わせが出てきた。うー中年の宴会に揚げ物2連チャンはキツいぞ。手前のんは、やはり名物やという「牛タンわさび」。お箸でスッと切れるほど柔らかい牛タンにワサビがピリッときいてうんまい。揚げ物はおいといて、一同こっちだけ食べる。オプションで頼んだ焼き豚寿司。自家製の焼き豚はローストビーフみたいで、寿司飯にも違和感がない。たっぷりのネギと辛子をつけてほおばると、酎ハイによう合う。こういうオプションを食べてしもたんで、揚げ物が残る。もうアカン、腹いっぱいやと言うてたてのに、〆はなんとラーメン鍋! 自慢の焼き豚と水菜と豆腐に中華麺を、豚骨ベースの出汁で煮て食べるのだ。ものすごい量がある。が、辛味噌をつけて食べると、麺類ってスルッと入るねんなぁ。結局、揚げ物は残してしもうたが、ラーメンはおいしくよばれた。

ここは個室なんで、3時間近くも心おきなく飲んで食べてしゃべりまくって。そやのに、追加を含めても一人4400円で、なんかお店に申し訳ないほどであった。「すぎうら」は本店も支店も、街中で小宴会には格好のお店やね。奥行きがかなりあるので、50人までならいけるらしいし、忘年会なんかでも使い勝手良さそうよ。

四季の味すぎうら(蛸薬師店)のオススメメニュー

ここのオススメメニューを紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(三条・烏丸御池・居酒屋/BAR)の記事に3名の編集者が参加しました!

四季の味すぎうら(蛸薬師店)のタグ

Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る