旧連邦事務局ビル

キュウレンポウジムキョクビル

Sultan Abdul Samad Building

 3.2/1人  |  人気指数 1,688

お気に入りに追加:0

現在は最高裁判所として使用されている

旧連邦事務局ビル1897年に建てられた「旧連邦事務局ビル」は、ムーア建築の影響を受けたレンガ造りの建物である。英国統治時代の政府機関の庁舎で、最高裁判所として現在は使用されている。設計は英国人建築家によるもの。サーモンピンクで優美な雰囲気が印象的である。ドーム屋根の時計台は41mの高さを誇り、英国の統治時代の面影を残す史跡として現存する。残念ながら内部見学はできないが、その外見だけでも十分に見る価値があるだろう。建物内には織物ハクブツカンがあり、伝統工芸品でもあるマレーシア織物が数多く展示されている。

夜にはライトアップされ、デートスポットとしても人気があるのだとか。エレガントな雰囲気に浸ってみてはいかが?

旧連邦事務局ビルの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(レイクガーデン・名所)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る