リトル・インディア

リトル・インディア

 0/0人  |  人気指数 1,936

お気に入りに追加:0

クアラルンプールのインド人街

リトル・インディアマレーシアにおけるインド系の人口は約9%でを占める。マレー半島部はカリマンタン島に比べて,マレー系の人口の割合が減っていて、その分、華人系やインド系の人口が多いので,クアラルンプールではインド系は十数%になるかもしれない。

クアラルンプールで「リトル・インディア」と呼ばれる地域は、チャイナタウンの北部にある。チャイナタウンから北へ歩いて10分ほどのところだ。鉄道で南側から入るにはLRTのスター線・プトラ線マスジットジャメ駅を降りて、クラン川沿いを北へ向かう。「メラヤ通り」を2~3分歩くと「マスジッドインディア通り」に入る。ここから北に数百メートルの一画が「リトル・インディア」と呼ばれる場所だ。

最初の100mほどはアーケードに覆われているバザールっぽい通りとなっていて,歩行者天国である。直射日光と雨を防ぐドーム状の屋根が付いていて,両側には100軒ほどの露店が並んでいる。このアーケードを通り抜けたところに、インディアン・モスクがあり、ムスリムのインド系マレーシア人が多数礼拝に訪れる場所だ。つまり,もともとインド人はヒンズー教徒が圧倒的に多かったのだが,マレーシアでは国教がイスラム教なので、インド系の人がイスラム教に改宗したのだ。インド系の半分ほどはイスラム教徒らしい。民族や宗教がいろいろと交差した国で、ここ「リトル・インディア」でもその様子を感じることができる。インドシルクなどの生地屋や銀細工,ビーズ刺繍などの雑貨屋,仕立て屋,両替商など、いかにもインドらしい店が軒を連ねる。女性でサリーを着た人の姿というのも、少なくはない。

リトル・インディアの楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(チャイナタウン・街・通り)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る