ジャディバティックセンター

JADI BATEK CENTRE

JADI BATEK CENTRE

 0/0人  |  人気指数 1,790

お気に入りに追加:0

マレーシアの伝統工芸「バティック」を体験!

マレーシアの伝統工芸として有名なバティック。
そんな伝統工芸の体験スポットのご紹介です。
お名前、「ジャディバティックセンター繁華街ブキットビンタンから、ぎりぎり歩けるところにあります。(それでも15分くらいかかりますかね。。)
まず、この「バティック」ですが、ろうけつ染めで生地に柄、色を入れてできた生地の総称です。マレーシアに限らず、近隣国のインドネシアでも伝統工芸としてあるようです。
ここ「ジャディバティックセンターでは、工場見学からできます。液状になった蝋で柄を書いていき、その柄に色を入れていく。あとで、その蝋を溶かして薬品処理して出来上がりというもんです。出来上がってできたものとても色鮮やかで美しいですよね。
 
で、ジャディバティックでは、皆さんにもこのバティック体験をしていただけるのです。
基本となるのは、ろうけつと色塗りがセットになったもの。 RM50/お一人様。
この体験ではA3サイズで行います。柄を選んで、鉛筆でトレースして、それをろうで描いて、色を塗る。ポイントは、グラデーション。お店の人が基本となるテクニックも教えてくれるので、楽しくできます。
 
この柄、ご自身に絵心があれば、もちろんご自身で描いてもOKです。
あとは、描きたいものを予め用意していくとか。
その時は、太いペン(サインペンなど)で書いていくといいですよ。
生地の下にしいてトレースするので、あまり薄いと見えないっす。と、こんな感じです。
所要時間1時間ちょっとくらいかかります。マレーシア滞在中に時間があれば是非やってみましょう!

ジャディバティックセンターのコース紹介や利用方法

編集履歴

■■バティック体験の流れ■■

好みの柄を選んで

鉛筆でトレースして

トレースした柄をろうで描いて

色を塗ります。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(ブキッビンタン・文化体験)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.26 17:57
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る