鶏龍山陶磁芸術村

Gyeryongsan Ceramic Art Village

ゲリョンサンドエチョン

계룡산도예촌

 0/0人  |  人気指数 1,490

お気に入りに追加:0
  • 鶏龍山陶磁芸術村住所(日本語)住所(日本語): 

    忠清南道 公州市 反浦面 鶴峰里

  • 鶏龍山陶磁芸術村住所(韓国語)住所(韓国語): 

    충청남도 공주시 반포면 상신리

  • 鶏龍山陶磁芸術村電話電話: 

    041-857-8815

  • 鶏龍山陶磁芸術村営業時間営業時間:  未入力
  • 鶏龍山陶磁芸術村定休日定休日:  未入力
  • 鶏龍山陶磁芸術村日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 鶏龍山陶磁芸術村カードカード:  未入力
  • 鶏龍山陶磁芸術村ホームページホームページ:  未入力

鶏竜山に囲まれた美しい景観の中で体験できる鶏龍山陶磁芸術村

形を徐々に整え

公州市は百済文化と、もう一つ有名なのが陶磁器文化です。中でも、粉青沙器と言われる陶磁器は、公州市鶏龍山の麓では独特な模様の粉青が多数生産されました。粉青沙器とは、鉄分が多く含まれた粘土に、白い化粧が施され印花模様や鉄絵模様と言った多様な装飾がなされる朝鮮時代の陶磁器です。約1418年から1450年頃に、韓国で粉青沙器が発展し、様式や形態が決まり15世紀の後半期には、ほとんど完熟しました。しかし、15世紀末から16世紀前半期以降は、粉青沙器は衰退され1592年文禄の役以後、完全に消え去ってしまいました。そして、1992年7月に若い陶芸家達18名が鉄画粉青沙器を再び創出するために、鶏龍山陶磁芸術村を自分達の手で直接造りあげました。そして、鉄画粉青沙器を、復元、継承、発展させながら、陶芸体験等のプログラムを通して、学生や一般の方達に粉青沙器の伝統を伝え続けています。
そんな若き陶芸家達の村中には、あちこちに手作りの陶芸ギャラリーや焼き場があり、歩き回りながらふらっと立ち寄る方も多いとか。また、鶏龍山陶磁芸術村で、生産されている鉄画粉青沙器は、鶏龍山だけで作られているため「鶏龍山粉青」とも呼ばれています。それも、ここだけの独特の模様の陶器で、あの佐賀県で有名な有田焼もこの鶏龍山粉青から来たとも言われています。そのため、日本からの観光客の方も多く訪問するそうです。

陶磁器作りだけでなく、陶芸キャンプや講義など様々なプログラムも用意されています。

鶏龍山陶磁芸術村の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(公州・名所)の記事に5名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

おすすめ観光クーポン

セブンラックカジノ江南コエックス店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

アクセス抜群!江南エリアでカジノを楽しむ!!

パラダイスウォーカーヒルカジノ

お食事+記念品、5万ウォンベッティング券贈呈

1968年、ソウルで最初に政府の公認を受けた...

セブンラックカジノ江北ミレニアムソウルヒルトン店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

都会の喧騒をはなれ日本では味わえないカジ...

セブンラックカジノ釜山ロッテ店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

韓国のカジノで有名なセブンラックを釜山で...

最近見た記事
一覧見る