安養芸術村

Anyang Art Village

アニャンゲイジュツムラ

안양 예술 마을

 0/0人  |  人気指数 1,450

お気に入りに追加:0

たくさん不思議アートが点在している芸術村

安養芸術村

アニャン芸術村の中には、たくさん不思議アートが点在しています。3重のサークル状に、鏡面仕上げを施された棒が並べられています。地面には白い砂利が敷かれています。ミニマルでカッコイイ。サークルの中をグルグル歩き回れます。ジャン・ヌーヴェルの、バルセロナにあるアグバータワーのエントランスみたい。ビールケースと屋根の縁を切ってあったり、天井面と床面が光沢のある仕上げにしてあったり、効果を最大限に引き出す工夫がしっかりとしてあります。
小高い山の頂上にはMVRDVの設計した、展望台があります。煙とバカは高いところへ、という言葉がありますが、これはそれを最大限に引き出すデザインですね。綿密に計算されたであろう構造と、ウッドデッキ素材の張り方のラフさの対比が面白いです。アニャンの芸術村は、絶対にあったかい時期に行ってください。寒くて死にます。まともに見れやしない。川が凍ってるのなんてはじめてみましたよ!!ここ、意外と穴場だと思うのですが。アルヴァロ・シザ設計の、その名もアルヴァロ・シザホールをご紹介。日本から一番近いところにある、シザの建築でしょう。結構、短期間で設計されたみたいです。ディテールがポルトガルにあるシザの建築よりもカッチリしている感じ(ポルトガルへ行ったことないけどね)。横にながいエントランス部分。シザっぽいねぇ。屋根のアールが絶妙ですな。窓もかわいい。自由だね~。モダニズムの本流というイメージがあるけど、そんなことないね。打ち放しの壁と、白い壁、そして松の木。この写真は坂本昭っぽいかな。雨で汚れないように笠木が付いてますね。インテリア。入ることは出来なかったので、ガラスを通しての撮影。ヴォリュームの噛み合いや、曲面が楽しい。アルヴァロ・シザの建築のよさは、図面を見ただけではわからない部分があったけど、実物を見るとよく理解できました。

安養芸術村の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(京畿道・博物館・美術館)の記事に4名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

おすすめ観光クーポン

セブンラックカジノ江南コエックス店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

アクセス抜群!江南エリアでカジノを楽しむ!!

セブンラックカジノ江北ミレニアムソウルヒルトン店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

都会の喧騒をはなれ日本では味わえないカジ...

パラダイスウォーカーヒルカジノ

お食事+記念品、5万ウォンベッティング券贈呈

1968年、ソウルで最初に政府の公認を受けた...

セブンラックカジノ釜山ロッテ店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

韓国のカジノで有名なセブンラックを釜山で...

最近見た記事
一覧見る