5・18自由公園

オーイルパルジャユコンウォン

5・18자유공원

 0/0人  |  人気指数 486

お気に入りに追加:0
  • 5・18自由公園住所(日本語)住所(日本語): 

    光州広域市 西区 治平洞 1161-6

  • 5・18自由公園住所(韓国語)住所(韓国語): 

    광주광역시 서구 치평동 1161-6

  • 5・18自由公園電話電話: 

    062-376-5186

  • 5・18自由公園営業時間営業時間: 

    00:00 ~ 24:00

  • 5・18自由公園定休日定休日: 

    無し

  • 5・18自由公園日本語/可・不可日本語:  未入力
  • 5・18自由公園カードカード:  未入力
  • 5・18自由公園ホームページホームページ:  HP http://www.gwangju.go.kr/
大きい地図で見る

地下鉄1号線金大中コンベンションセンター駅5番出口より徒歩約10分

光州事件当時市民が拘禁され、軍事裁判を受けた場所

1980年の光州事件当時、政権強奪を企てた一部の政治軍人に強硬鎮圧に対抗した市民が拘禁され軍事裁判を受けた場所です。本来の位置より100mほど離れたところに復元、再現しました。

光州事件とは

写真説明

1980年5月18日から27日にかけて光州市民と学生が不当な国家権力に抵抗し、韓国戒厳軍と衝突した事件のこと。韓国では「5.18民主化運動」と呼ばれています。戒厳軍が武力でもって市民を鎮圧しましたが、これにより多くの若者や知識人が犠牲となりました。光州は民主化運動の象徴とされ、光州事件に関連する施設が多くあります。

自由館(映像・展示室)

光州事件に関連する資料や遺品などがあり、当時の状況を知ることができます。

憲兵隊中隊内務班

憲兵が日常生活を過ごし眠るための休憩空間として造られましたが、事件当時は尋問室や拷問室として使われた場所です。

憲兵隊本部事務室

市内から戒厳軍に連行された市民を調査した部屋。ここでも激しい拷問が行われ、市民は拷問から逃れるために偽りの自白をするしかありませんでした。

憲兵食堂

この食堂も光州事件当時市民軍などの連行者に拷問や調査をする臨時調査室として使われました。

営倉

当時尚武台憲兵営倉と呼ばれた営倉は、民主化運動に参加した人々が拘禁された場所です。一部屋に多いときで150名収容され、1日16時間にわたって正座で過ごさなければならなかったといいます。

法廷

民主化運動に参加した拘束者が軍事裁判を受けた場所。

写真説明

観覧順は自由館(映像・展示室)→憲兵隊本部事務室→憲兵食堂→営倉→法廷→野火烈士記念碑 です。まずは自由館で光州事件について知ったあと、リアルに再現されたそれぞれの施設を見学しましょう。

編集履歴
facebook twitter Share on Google+
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2015.08.13 15:45
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

おすすめ観光クーポン

セブンラックカジノ江南コエックス店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

アクセス抜群!江南エリアでカジノを楽しむ!!

セブンラックカジノ江北ミレニアムソウルヒルトン店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

都会の喧騒をはなれ日本では味わえないカジ...

パラダイスウォーカーヒルカジノ

お食事+記念品、5万ウォンベッティング券贈呈

1968年、ソウルで最初に政府の公認を受けた...

セブンラックカジノ釜山ロッテ店

フリーチップ20,000ウォン分交換券

韓国のカジノで有名なセブンラックを釜山で...

最近見た記事
一覧見る