ユートラベルノートホテル予約

韓国 - 史跡・寺院

1ページ

並べ替え

 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 4.1/7人   人気指数:2,248

仏教の総本山!曹渓寺
お寺のイメージと言えば山中にある、或いは、日本の京都のようなお寺を想像します。実は、ソウルにも何箇所かお坊さん達が集まるお寺があります。その中でも、曹渓寺(チョゲサ)という寺院は、全く想像できない仁寺洞の街中に存在します。 曹渓寺...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus
ソウルの歴史600年、城郭を辿ってタイムスリップ!
世界中の多くの国で城郭は築かれてきましたが、今日までその姿を残している都市はほんの僅かです。 ここ、ソウルの漢陽都城(2011年以前はソウル城郭)も貴重な史跡の一つ。 1396年築造から1901年までの間、世界で最も長く機能した城郭としても評価されています。   1936年に史跡第10号に指定され、2012年にはユネスコ世界遺産暫...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.6/3人   人気指数:1,871

火災で全焼し現在修復中の国宝第一号
ソウル特別市中区南大門路 4街にある、朝鮮初期の代表的成文。ソウル都城の 4大門の中で南側において南大門だと呼ばれる。この成文は、典型的なダポ様式で創建連帯が分かって、物堅い木造建築物の手法を見せてくれる韓国建築思想重要な建物の一つ...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus
史跡と名物グルメを楽しむ安東旅行スポット厳選1泊2日おすすめコース
朝鮮時代の両班の生活文化が600年間保存されてきたユネスコ世界文化遺産「河回村」をはじめ、安東には悠久の昔から守られて来た芸術や建築物、自然が沢山残っており見所が沢山あります。 そこで今回は、安東の数ある名所のなかから特に行っておくべき場所を厳選し、1泊2日で無駄なく効率よく周れるよう工夫しました。安東旅行のご計画立...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.6/1人   人気指数:1,599

100年を過ぎた今も日本司令部がそのまま残されている村
外洋浦マウルは加徳島の中に入って更に山を超えた奥にある小さな村。   釜山から加徳島にバスで入り、 ここから外洋浦マウルまではバスがないので徒歩で山を越えるか、 1日4本しか運行していない外洋浦行きフェリー に乗ることになり...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus
時代の足跡が残る光州を歩く
韓国全羅南道に位置する光州。現在ではおいしい全羅南道の料理が食べられる食の都として、また2年に1度開催される世界的芸術祭り「光州ビエンナーレ」が開催される都市として多くの観光客が訪れています。そんな現在の光州に至るまでには数々の出来事や困難がありました。光州にはかつての歴史的資料が多く残っており、直接見たり、感じたり...
 
  •  
  •  
  •  

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.2/1人   人気指数:1,584

住宅街にひっそり佇むソウル都城の小門
恵化門は、1300年代に作られた城の周りにめぐらされた4つの門のうちのひとつだったもの。朝鮮時代には四つの大門と四つの小門があり、恵化門はその小門の一つ。説明によると昔は交通量の多い門だったようだが、一度撤去されているため、今はその...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 3.9/3人   人気指数:1,792

韓国にも響きわたる除夜の鐘
普信閣はもともと李氏朝鮮時代に南大門、東大門などソウルにある城門の開閉を朝夕に実施する為の合図として鐘が鳴ならされル為のものです。 現在の楼閣は、朝鮮戦争で焼失したものを1977年に再建されました。 鐘も新調されています。 ちな...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus
600年の歴史を持つ漢陽都城の起点、白岳コースを歩く
白岳山コースは、彰義門から白岳山を越え恵化門に至るまで約4.7キロメートルの区間です。 白岳山(標高342メートル)は漢陽都城の仁王山、白岳山、駱山、南山の四つの内寺山のなかで一番高い山で、漢陽都城はこの白岳山を起点に築造されました。 1968年1月12日に北朝鮮の侵攻があって以来、40年間立ち入りが制限されていましたが、2007...
 
  •  
  •  
  •  
もっと見る
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   minus

評:

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 0/0人   人気指数:711

ソウルの四小門の1つ
ソウルの中心部の地形は、内四山と呼ばれる山々によって四方が囲まれています。 つまりソウルは城郭都市で、城郭の内と外を行き来するために門が造られました。 大門が4つと大門と大門の間に小門が4つの計8つです。 光熙門は、ソウル四小門の...

1~10件のトラベルノートを表示/全53件

最近見た記事
一覧見る