漢江に浮かぶ巨大チュッパチャプス

2019.03.13 17:39

ホワイトデーを祝い漢江に浮かぶ巨大チュッパチャプス

写真元:農心 naver blog

漢江に突如現れた巨大チュッパチャプス!その正体は・・・?

食品会社農心(ノンシム)がホワイトデーに合わせ、盤浦漢江公園水上に複合文化施設として造成された人工島「セビッソム」一帯を「チュッパアイランド」と題し、特別展示を開催中。

 

セビッソムと陸地をつなぐ橋は、「チュッパストリート」と名づけ、色とりどりのチュッパチャプスロゴとオブジェが橋を彩っていて、フォトスポットにぴったり。

 

チュッパアイランドのメイン展示は、高さ25メートルに及ぶ巨大チュッパチャプス!包装紙の絵や持ち手のところまでよく表現されていて、見ているだけでも口の中に甘酸っぱい味が広がります。

 

 

セビッソムは夜になるとライトアップされ、漢江の夜景とともに光のアートを楽しめます。チュッパチャプスも大きなぼんぼりのように光ります。

チュッパアイランドは3月30日まで展示予定。今だけしか見られない面白展示、友人・恋人と写真を撮って思い出に残してみては?

 

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2019.03.13 18:23
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る