景福宮で楽しむ伝統茶屋

2018.04.04 10:17

朝鮮時代の韓薬茶と菓子が食べられる伝統茶屋が景福宮の中にオープン

4月4日から11月30日まで、景福宮の厨房にあたる「生物房(センムルバン)」にて宮中薬茶と宮中菓子が体験できる伝統カフェ「生菓房」が運営されます。
 
生菓房で運営されるプログラムは3つ。
宮中薬茶と宮中菓子を味わえる有料体験、無料の宮中文化体験、宮中音楽会が運営されます。
 
生菓房のオープン時間は午前10時~午後17時、ここで訪問客に振る舞われるお茶やお菓子は実際に朝鮮時代に王家のために作られた料理をそのまま再現したもの。見目も美しい風流なお茶とお菓子を宮内で楽しめるところに意義があります。

プログラム詳細

◎宮中薬茶・菓子体験(有料)◎
※メニューは状況により変更される場合があります。
 
・薬茶 5,000ウォン
 黃芪(ファンギ)・人参茶、シナモン生姜茶、麥門冬(メンムンドン)・五味子・人参茶など、全6種類
 
・宮中菓子セット 20,000ウォン
  薬菓、梅雀菓(かりんとう)、茶食、棗卵(ナツメ・松の実の菓子)餅、など
 
・伝統韓菓 10,000ウォン
 蓮根チップ、米カンジョン(おこし)、薬菓、くるみカンジョン、など
 
◎宮中文化体験(無料)◎
宮中菓子を作って試食できる料理体験
期間:4月20日(日)~6月10日(日)、8月17日(金)~10月7日(日)
日時:金/土/日 14:00、15:00、16:00
参加方法:先着順・現地受付(毎回15名限定)
 
◎生菓房宮中音楽会(無料)◎
期間:4月6日(金)~5月27日(日)、9月1日(土)~9月30日(日) 
日時:金/土/日 12:20、13:20
写真説明

なお、生菓房は景福宮の休館日にあたる火曜日には運営されません。

景福宮は今春の花が満開でお花見に絶好のスポット。
宮中でお花を眺めながら、王様の気分でお茶とお菓子を味わい、風流なひとときを過ごしてみるのはいかがですか?

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.04.04 14:10
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る