エアソウル、自動手荷物委託サービス開始

2018.04.02 10:52

格安航空会社エアソウルが本日より仁川空港にて自動手荷物委託サービスを開始

きょう4月2日より、格安航空会社「エアソウル」が仁川国際空港で自動手荷物委託(Self Bag Drop)サービスを開始します。

 

自動手荷物委託サービスとは、搭乗客が自ら自動化機械を使用して、手荷物を預けるサービス。

セルフチェックインにて搭乗チケットを発行したあと使えるサービスで、チェックインカウンターに並ばずに、自分でチェックインから手荷物配送まで済ませる事が出来ます。すべて機械で出来る上、案内スタッフが必ずいるため、簡単便利、迅速に済ませる事が出来ます。

 

エアソウル自動手荷物委託サービスは仁川国際空港第1ターミナル3階出国場Fカウンターにて利用可能。利用可能時間は、搭乗客が一番多い時間帯の午後1時から午後6時まで、出発1時間前から利用が可能です。

 

最近は格安航空会社も徐々にサービスをグレードアップし、一般の航空会社と大きな差が無くなってきています。エアソウルならチェックインも迅速に済ませることが出来るため、LCCの利用を考えている人はチェックしておきましょう。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2018.04.02 14:33
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る