平昌冬季オリンピックのメダルが初公開!

2017.09.21 11:09

平昌冬季オリンピック金・銀・銅メダル初公開!ハングルと韓服をモチーフにデザイン

写真提供元:2018平昌冬季オリンピック公式twitter

 

来年開かれる平昌冬季オリンピックの金・銀・銅メダルが21日に初公開されました。
 
文化体育観光部によると、メダルのデザインは韓国固有の文化の象徴である「ハングル」と「韓服」をモチーフにし、「韓国の洗練美」表現する事にフォーカスを当てたとのこと。
 
メダルの正面には、オリンピックの伝統に沿って、左側上部に五輪が描かれ、斜線は「選手たちの努力と忍耐」を表現しています。
メダルの側面には、「平昌冬季オリンピック2018」の母音と子音を組み合わせ「ㅍㅇㅊㅇㄷㅇㄱㅇㄹㄹㅁㅍㄱㅇㄱㅇㅇㄹㅍㄹ」と、立体的に刻まれています。
メダルの後面には、大会のエンブレムと種目名が刻まれます。
また、メダルのリボンの素材には韓服に使用される甲紗を活用しているとのことです。
 
メダルの重さは金メダル586グラム、銀メダル580グラム、銅メダル493グラムです。
2014年のソチ大会と比べて、金メダルと銀メダルはさらに重くなり、銅メダルは軽くなっています。
 
国際オリンピック委員会(IOC)の規定にならい、金メダルと銀メダルは、純銀(純度99.9%)で制作され、金メダルの場合、純銀に純金6g以上で塗金されています。
 
平昌冬季オリンピックは2月9日に開幕され、17日間開かれます。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2017.09.21 11:19
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る