全羅南道の名物料理をソウルで

2016.10.27 18:05

東大門にある全羅南道式しじみスープが味わえるお店

東大門歴史文化公園駅の近くに、全羅南道の名物料理である「しじみスープ」で有名なお店があります。

お店の名前は、「섬진강(ソムジンガン)」。全羅南道のシジミやカワニナの採取地として有名な「蟾津江」に由来しています。

 

お店の中は、10テーブルほどしかない小さなお店ですが、お昼のピーク時を過ぎても訪問する人が跡を立たないほど人気です。

 

メインのメニューは、「しじみスープ(ジェチョプグッパ)」6,000ウォン。しじみスープには、塩味と味噌(テンジャン)味の二種類があります。ほかにも、カワニナ味噌スープ、すいとん入りのしじみスープなどもあります。

 

テーブルに備え付けで置かれているのは、辛い青唐辛子、コチュジャン、粉末の赤唐辛子、塩など。

しじみスープを頼むと、ニラが追加でテーブルに置かれます。これをスープに入れて食べるのが、全羅南道式の食べ方のようです。

 

おかずには、浅漬けキムチと茄子の炒め物、たくあん、ナクチの塩辛のようなものが出ます。

おかずは日替わりなのでその日によって違います。

 

しじみスープ(塩味)は、貝の出汁が良く出ていて味に深みがあり、白いご飯とよく合います。ニラと一緒に食べることで、食感や風味に変化が付けられて、飽きずに食べられます。

しじみは、肝臓の機能を助け、解毒作用があり、お酒を飲んだ次の日の二日酔い解消料理としてもピッタリです。

 

味噌味は、日本人にも馴染み深いしじみの味噌汁の味に似ています。アッサリとしていて胃に優しく、朝ご飯にお勧めの料理です。

東大門お近くのホテルにご宿泊の方、朝ご飯にいかがですか?

お店「ソムジンガン」は、東大門歴史文化公園駅の近く、ベイトンホテル 東大門のすぐ近くにあります。

ベイトンホテル 東大門、ホテルスカイパーク東大門1、ラマダ東大門、イビスアンバサダー東大門、ホテルアカシアにお泊りの方は、朝ご飯の場所として考慮してみてはいかがでしょうか?
 

 

写真説明

住所 서울특별시 중구 동호로34길 9
ソウル市 中区 東湖路キル 9

※地下鉄5号線「東大門歴史文化公園」駅7番出口から徒歩3分。ベイトンホテル 東大門を通り過ぎて、ラマダ東大門手前の路地に入って右側にあります。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2016.10.28 11:21
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る