ソウル市初の観光パスカード発売

2016.07.29 10:09

ソウル市有料観光地16カ所の入場料パスカード発売、交通カード機能も

きょう29日、ソウル市とソウル観光マーケティング(株)は、ソウル市内の古宮、韓流体験館、美術館など16カ所の有料観光施設の利用券として使える外国人専用観光パスカード「ディスカバーソウルパス(Discover Seoul Pass)」を発売しました。

 

ディスカバーソウルパスは指定された有料観光施設1日利用券として、最初の観光施設に入場した時刻から24時間の間利用が可能です。

 

また、ディスカバーソウルパスにはT-moneyの機能も備わっているため、チャージをすれば、交通カードやコンビニ、タクシーで支払い時に使用することが出来ます。

 

ディスカバーソウルパスの販売価格は39,900ウォン。
16カ所の有料観光施設入場料の総額は152,000ウォンと、73%以上が割引された価格で購入できます。
たとえすべての観光施設を周ることが出来なくても、数か所周るだけでも購入価格を上回るため、割引特典を受けることが出来ます。
 
更に、ディスカバーソウルパス所持者は、シティーツアーバスも10~20%の割引特典を受けることが出来ます。シティーツアーのコースごとの割引率については、ソウル市公式観光情報ウェブサイト「Visit Seoul」にて確認が可能です。

ディスカバーソウルパスが使用可能な有料観光施設16カ所と入場料

ディスカバーソウルパス使用可能な観光施設

観光地名 入場料
景福宮 3,000ウォン
昌徳宮 3,000ウォン
徳寿宮 1,000ウォン
昌慶宮 1,000ウォン
宗廟 1,000ウォン
西大門刑務所 3,000ウォン
Leeum三星美術館 10,000ウォン
国立現代美術館ソウル本館 4,000ウォン
ミュージアムキムチ 5,000ウォン
Nソウルタワー 10,000ウォン
MBCワールド 18,000ウォン
K-live 33,000ウォン
トリックアイミュージアム 15,000ウォン
グレベンミュージアム 18,000ウォン
フィギュアミュージアムW 15,000ウォン
博物館は生きている 12,000ウォン

 

パスカード同期化可能なアプリ同日公開!利用ガイドやカウントダウン機能あり

ディスカバーソウルパスの発売に合わせ無料アプリも公開されました。
アプリでは、パスカード利用方法からパスカード使用可能な観光施設の詳細情報を得ることが出来ます。また、カード番号を入力しアプリと同期化をすれば、パスカード利用可能な残りの時間を知らせるカウントダウン機能も利用できます。アプリは日本語、中国語、英語など5か国語に対応しており、GoogleストアやAppleストアにて無料ダウンロードが可能です。

ディスカバーソウルパスの購入場所

ディスカバーソウルパスは、仁川国際空港内の両替所5カ所、ソウル市内にあるコンビ二CU3店舗、明洞観光情報センターにて購入できます。

 

ディスカバーソウルパス販売所

分類 名称 位置
仁川国際空港 KEBハナ銀行 仁川空港支店
  KEBハナ銀行両替所 1階到着フロア東側(エアー)
  KEBハナ銀行両替所 1階到着フロア中央(エアー)
  KEBハナ銀行両替所 1階到着フロア東側(ランド)
  KEBハナ銀行両替所 1階到着フロア西側(ランド)
ソウル市内 明洞観光情報センター 明洞
  KEBハナ銀行 弘大駅支店
  シティーツアーバス チケット販売所 光化門コリアナホテル
  シティーツアーバス チケット販売所 東大門デザインプラザ(DDP)前
  光化門観光案内所 光化門ビル前
  三一橋観光案内所 三一橋
  弘大入口観光案内所 弘大入口駅9番出口から弘大方面
  東大門観光案内所 東大門歴史文化公園駅14番出口前
  市民庁観光案内所 ソウル市庁市民庁
  新村駅観光案内所 新村汽車駅

ディスカバーソウルパスの今後の計画

ソウル市とソウル観光マーケティング(株)は8月末まで試験販売期間を設け、問題点の有無をチェックし、観光客の反応を分析した上で、販売施設の拡大を考慮する計画とのこと。また、ディスカバーソウルパスで入場可能な観光施設の拡大や、2日利用券、3日利用券などパスカードの種類追加についても計画中とのことです。

ディスカバーソウルパスを利用してもっとお得にソウルの観光名所を周ろう!

ディスカバーソウルパスが使用できる観光施設は、史跡、ドラマやK-POP関連の施設、美術館や文化体験館などテーマが多様です。ディスカバーソウルパスを購入し、使用可能な場所を重点的にツアーを組めば、よりお得に、様々な体験ができるソウル旅行が楽しめそうです。

お気に入り
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2016.07.29 11:19
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

みんなのコメント

コメント(0

最近見た記事
一覧見る