鵜戸神宮

 0/0人  |  人気指数 984

お気に入りに追加:0
  • 鵜戸神宮住所住所: 

    宮崎県日南市大字宮浦3232番地

  • 鵜戸神宮電話電話: 

    0987-29-1001

  • 鵜戸神宮営業時間営業時間: 

    4月~9月(6時-19時/10月~3月(7時-18時)

  • 鵜戸神宮定休日定休日:  未入力
  • 鵜戸神宮カードカード:  未入力
  • 鵜戸神宮ホームページホームページ:  http://www.udojingu.com/

日本でも珍しい下り宮の、鵜戸神宮

 
 
青島から日南海岸を抜けて『鵜戸(うど)神宮』へ行ってきました。
鵜戸神宮は「海幸 山幸」の山幸彦の息子、(神武天皇の父)鵜葦草葦不合命を祀る神社です
 
岬のまわりには奇岩、怪礁が連なり太平洋の波が打ち寄せて素敵な景観!
 
『不浄の草履木履を履事を禁ず云々』とあり、ここから先は
裸足で参詣することが古くからの風習でしたが戦後には廃止になったようです。
有料(100円)で藁で編まれたウチワの形をしたようなもので体を清めて奉納もできます。
 
鵜戸神宮は海岸沿いの階段を下っていく珍しい神社で、
階段を下へ下へと下って行きます。
 
また鵜戸神宮で有名なものと言えば景観はもちろんのこと『運玉』も有名ですね~♪
男性は左手、女性は右手で願いを込めた「運玉」を投げ入れることで願いがかなうといわれています。
本殿前にある霊石で、豊玉姫が海神宮から来訪する際に乗った亀が石と化したものが
『亀石』といわれ、こちらの海水が溜まった穴に運玉を投げます。
近く見えるのに、なかなか難しいものですね・・・
旦那はひとつ入りましたが、私は駄目でした・・・残念。
しかしながら案内には亀石に当たるだけでも願いは叶うと書いてあります。慰めかしら(^^ゞ
 
そして洞窟の中に本殿が位置し、神社としては珍しい「下り宮」のかたちになっています。
 
竜宮に帰った母君の豊玉姫がウガヤフキアエズノミコトの育児のため、
乳房を残して行かれたと伝える「おちちいわ」は今も絶え間なく玉のような水を滴らせて、
安産、育児を願う人々の信仰の拠り所となっているそうです。
この水でつくる「お乳あめ」は鵜戸の名産、お土産にも人気のようです。
 

鵜戸神宮の楽しみ方

編集履歴

鵜戸神宮に行かれたらぜひ「運玉」を試してみてください!

 

本殿前に運玉5個で100円で販売されています。

看板にも記載がありますが、

男性は左手、女性は右手で投げます。

 

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(宮崎県・城・神社・寺)の記事に3名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.07.18 15:49
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る