九州鉄道記念館

Kyushu Railway History Museum

九州鉄道記念館

 4/1人  |  人気指数 1,696

お気に入りに追加:0
  • 九州鉄道記念館住所住所: 

    北九州市門司区清滝2-3-29

  • 九州鉄道記念館電話電話: 

    093-322-1006

  • 九州鉄道記念館営業時間営業時間: 

    9:0.0-17:00(入館は16:30まで)

  • 九州鉄道記念館定休日定休日: 

    第2水曜日(但し、8月は除く)。7月は、第2水・木曜日

  • 九州鉄道記念館カードカード:  未入力
  • 九州鉄道記念館ホームページホームページ:  http://www.k-rhm.jp/

門司港駅のすぐそばにある、大人も楽しめる記念館

門司港駅のすぐそばにある、九州鉄道記念館です。煉瓦の壁にも鉄道の絵があります。門司港の地形は、山から、緩やかな坂が海まで続く形となっています。左手が山手。右手が門司港駅、そして更に右は、関門海峡となります。鉄道記念館は、3つのエリアに分かれます。手前が、右手が、実際の車両の展示場、左手手前がミニ鉄道公園、左手奥が本館です。現在の門司港駅は、昔門司駅と言いました。蒸気機関車もあります。門司港レトロ地区の案内板がありました。綺麗に保存されているC59型蒸気機関車。次は、EF10-35。1941年製の電気機関車です。関門トンネル専用の電気機関車でした。その後は本州各地で昭和54年まで使用されたそうです。

九州鉄道記念館の楽しみ方

編集履歴

 

■料金のご案内■

 

    大人 中学生以下
(4歳未満は無料)
入館料 個人 300円 150円
団体(30人以上) 240円 120円
ミニ列車 1台(3名様まで)につき1回 300円

 

※JR九州のICカード「SUGOKA」をお持ちの方は2割引(240円)になります!!



コース紹介


昔の名残 旧ゼロ哩標 C59-1型蒸気機関車

門司港駅は、昔門司駅と言いました。

当時の名残です。

 

綺麗に保存されている。かつて東海道、山陽本線であさかぜや、雲仙、みずほを牽引した主力蒸気機関車でした。

 

EF10-35電気機関車 ED72 I キハ07 41

1941年製です。関門トンネル専用の電気機関車でした。その後は本州各地で昭和54年まで使用されたそうです。

 

ちょっとかわいい電車

 

ボンネット型のクハ481系にちりん 581系電車

その昔、日豊本線を走っていた

電車型寝台特急として利用された

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(北九州市・美術館・博物館)の記事に2名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.03.07 07:58
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る