真木大堂

マキオオドウ

 3/1人  |  人気指数 1,147

お気に入りに追加:0
  • 真木大堂住所住所: 

    大分県豊後高田市田染真木

  • 真木大堂電話電話:  未入力
  • 真木大堂営業時間営業時間: 

    5~10月(8:30~17:30)・11月~4月(8:30~17:00)

  • 真木大堂定休日定休日: 

    無休

  • 真木大堂カードカード:  未入力
  • 真木大堂ホームページホームページ:  未入力

重要文化財に指定された仏像は圧巻です!

大分市に宿泊し、豊後高田の町へ。

 

真木大堂の駐車場の周りは田んぼで

稲刈りが終わった田んぼでは様々なスタイルをした

カカシが展示してありました。

 

真木大堂

六郷満山の本山本寺であった馬城山伝乗寺の堂宇のひとつであったと伝えられ
七堂伽藍を有する最大規模の中心的寺院であり、
田染地区に36の寺坊を有していたといわれていますが
約700年前に火災で焼失し詳細な資料は残されていないそうです。
 
真木大堂には、大正7年に国宝に指定、
昭和25年には重要文化財に指定された仏像が収められています。
 
<阿弥陀如来坐像>
極楽へ導いてくれる仏様で桧財による寄木造り。
阿弥陀如来坐像のまわりには四天王立像、
4人の守護神、四天王は須弥壇(しゅみだん/仏教における世界の中心の山)の
四方を守護する神様が囲んでいます。
 
<大威徳明王像>
白い水牛にまたがり、六面・六臂・六足を持ち大憤怒といわれる
激しい怒りの表情をたたえた大威徳明王像。
動物の木造彫刻としても大きく珍しいもので
不動明王像は大火焔を背に立ち、コンガラ童子、セイタカ童子を脇に置くその姿は圧倒。
 
どちらの仏様もガラス越しに見ることができますが、
重厚感といい、表情といい
不思議とずっしりとくる雰囲気が漂っている真木大堂でした
 
 
 

 

真木大堂の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(大分県・城・神社・寺)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.12.06 13:26
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る