錦帯橋

 3/1人  |  人気指数 734

お気に入りに追加:0

日本三名橋のひとつ「錦帯橋 (きんたいきょう) 」は日本を代表する木造橋

日本三名橋のひとつ「錦帯橋 (きんたいきょう) 」は日本を代表する木造橋で
清流錦川に架かる木造五連のアーチ橋です。
 
延宝元(1673)年、岩国藩主吉川広嘉によって創建された橋で
洪水や老朽、錦川の大増水などによって
補修や架け替えは何度も行われたそうですが、
2001年「平成の架け替え」によって
伝統を受け継ぐ岩国の匠の手により、昔ながらの木組みの工法で行われ
2004年に五つの反り橋が完成したそうです。
 
実際に橋の上を歩いてみるとアーチの角度がすごいです!
橋の概観もとても美しい
 
春の桜、夏の花火、秋の紅葉、冬の雪景色と四季を通して景色が変わる錦帯橋です♪
 
入橋料 大人300円 / 小学生150円
セット券(錦帯橋・ロープウェイ往復・岩国城) 大人930円/小学生450円
 
 

錦帯橋の楽しみ方

ここの楽しみ方を紹介してください。

facebook twitter Share on Google+
この記事と同じテーマ(山口県・名所)の記事に1名の編集者が参加しました!
Creative Commons — 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 — CC BY-NC-ND 2.1
記事最終修正日時: 
2013.11.10 21:36
※上記の内容は事情により変更される場合もございます。あらかじめご了承ください。

最近見た記事
一覧見る